眞子さまは小室圭さんとアメリカに行けないかも「複雑性PTSDで海外渡航が出来ない可能性」

眞子様小室圭さん結婚報道

 宮内庁は1日、眞子内親王殿下と小室圭氏が26日に結婚されると正式に発表しました。

この会見では、眞子殿下が「複雑性PTSD」を患われておられることも公表されましたが、この件で一点気になることが出てまいりました。

詳しくお伝えします。

眞子様は複雑性PTSDで飛行機に乗れないかもしれない

今回、小室圭さんはニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港から羽田空港に日本の国際線で渡航してきました。こちらは13時間ほど時間がかかります。

今回はこの逆で羽田空港からジョン・F・ケネディ国際空港に向けて渡航します。

この際の渡航時間は14時間ほどになります。

そうなると複雑性PTSDで発作が出た場合、かなり危険な状態になります。

以下をご覧ください。既にPTSDを発症されている方で飛行機搭乗を断られたことがあるという方が多数いらっしゃいます。

ビザもそうだけど、PTSDで飛行機に乗せてもらえないのでは?(私は過去断られた)


それにしてもPTSDなら飛行機にも乗れないし、アメリカ行きは中止?
4億のマンション買ったニュースはデマ?

もう滅茶苦茶すぎる。


PTSDの人・・・
飛行機10時間以上絶対耐えられないよ?
あたしは電車3分無理だったのに・・・。
生活したことない国で生活する?
血縁者のいない国に行く?
PTSDってそんな甘っちょろいものでないよ?
大丈夫・・・?


「PTSD」を患っている方のコメント

「怖くて人前に出れません、飛行機も乗れません」

警備も薄くなり拳銃所持出来るアメリカに行かせるなんてあり得ませんよ。不健康な状態で「結婚」なんてあり得ないと思います。


PTSDで飛行機乗れるの?


良いですね 行ってみたいけど
私はPTSDにパニック障害で無理

飛行機、バス、新幹線、電車、
全て1人で乗れませんし(*꒦ິ꒳꒦ີ*)

たぶん引き篭もりままですね。


こんな状態で眞子様はご結婚なされて小室圭さんと一緒にアメリカに行けるのでしょうか。

まずは、ご静養なさってしっかりと複雑性PTSDの治療をされた方が良いのではないでしょうか。

眞子さまは複雑性PTSDが原因でビザ発行されないかもしれない

眞子様の複雑性PTSD発症において、こんな情報も出てきました。

それは、眞子様がアメリカに渡航してもビザが発行されない可能性があるということです。

こちらをご覧ください。

ビザもそうだけど、PTSDで飛行機に乗せてもらえないのでは?(私は過去断られた)
真子さまってビザ申請通るのかしら?
複雑性PTSDって重めの病気大々的に発表したけれど…
日本ではまだあまり知られてないけど海外での方が専門家とかいて症例や治療方法も日本よりちゃんとしてるみたいだから。そもそもこの病気なら会見も飛行機に乗るのも無理では?ご無理せずまずご静養がいいのでは


さらにアメリカで複雑性PTSDを治療できる施設は10個もないとのこと。専門家やケアできる人が足りないから。

治療に10年以上かかることもザラな非常に重い精神疾患。アメリカビザも普通なら無理だし、そもそも結婚なんて言ってられないほど大変な事態。

嘘とは言わないがこの病名使ったのは迂闊としか言えない。


複雑性PTSDの診断で
渡航ビザ発行停止ですね


複雑性PTSDはビザがおりないらしいねー。


複雑性PTSDはビザが取れないほどの精神障害だったとは驚きです。
確かKさんにも経歴詐称疑惑があったような。一般人ならば2人揃って入国できないはず。
なんだかスゴいカップルです。


複雑性PTSDにはアメリカ滞在ビザは許可されないって、それ普通ですよね。
みんな、結婚より療養が必要って思ってます

これは宮内庁の失態かそれとも神風か、はたまた発見したTwitter民の優秀さか。


実際の所、祝福ムードに持っていこうと国民も腹を括っていた矢先のこの複雑性PTSDの情報でした。

まずは健康に戻してからご結婚の方がよいのではないでしょうか。

眞子さまの複雑性PTSDはかなり深刻な病気(追記)

眞子様が患われている複雑性PTSDについてさらに調べますと、PTSDの中でもかなり深刻な病気であることが分かります。

#複雑性PTSD への誤解を生む報道には怒りしありません!
#Twitterデモ
#複雑性PTSDは虐待サバイバーの重度の病気です
以下のような虐待やDVが日常的な家庭で、大人になるまで長期にわたり育った虐待の被害者が成人後に罹患する自殺率も高い病気です
#軽い病気 ではありません!


トラウマ(外傷体験)は、「心の傷」と言われてきましたが、最新の研究では、生物学的な変化を脳や体にもたらし、現在では全身に及ぶ疾患と言われています。複雑性PTSDは、重度のトラウマ疾患になります。


1番やばいのはこの病名。宮内庁はこの『複雑性PTSDを発症した女性』がどのような目でアメリカでは見られるのか調査したのだろうか。『監禁され強姦され続けた女性』が主に発症する。誹謗中傷での発症はアメリカ精神医学会では絶対的に認められていない。

複雑性PTSDは重度の病気であり、長期的な治療が望まれるものです。そして反復的に続く被害の後遺症でもあります。

それを土地勘のない異国の地で頼る相手は夫しかおらず果たして治療に専念できるのでしょうか?なんらかの手が必要になるのは必至です。

そして、アメリカでは複雑性PTSDは『監禁され強姦され続けた女性』が主に発症するものであり眞子さまがそのような目で見られる被害の懸念があります。

これ、アメリカ行っちゃいけないんじゃないの…?
アメリカでは別の誹謗中傷を得るだけじゃないの?
日本で安全体制が敷かれた中で治療したほうがいいのでは…?


タイトルとURLをコピーしました