緊縛1億円強盗(東京都荒川区東日暮里)の犯人は誰?「ナイフを持った中国人か」

ニュース・教養

2021年10月4日未明に東京都東京都荒川区東日暮里3丁目の自称貿易会社経営者の中国人男性(30代)が帰宅した際に、後ろからやってきた中国人(男)2人が強盗に入りました。

この東京都荒川区東日暮里の自宅にて中国人男性は緊縛され、およそ1億円を奪われたとのことです。

このナイフを持った中国人二人(男性)は誰なのでしょうか?

緊縛1億円強盗(東京都荒川区東日暮里3丁目)の犯人は誰?

中国人の男らは、いずれも30代くらいで、身長は175センチほどだということです。

中国人の男らは2021年10月4日の午前1時ごろ、東京都荒川区東日暮里の住宅で、この家に住む30代男性に刃物を突き付け、「お金下さい」などと片言の日本語で30代男性を脅したうえ、30代男性の手足を粘着テープで縛りました。

2人が現金を要求したために30代男性は、会社の部下などと連絡を取って現金を用意させたところ、中国人はそれを奪って逃げたということです。

被害額は数千万円以上とも言われておりますが、1億円くらいにのぼるそうです。

緊縛1億円強盗(東京都荒川区東日暮里3丁目)の犯人は身内説

昨今の状況から察するに外国人労働者の働き口は減ってきています。

そう考えるとこの貿易会社経営者の中国人男性がお金を持っていることはわかっており、仕事終わりに後をつけて自宅に入って油断した所を緊縛して強盗する。

ということは十分に考えられます。

命の危険を感じたのでしょうか。部下に現金を持って来させて1億円ものお金を現金で渡すといったことになっています。

命の価値を考えればきっと1億円は安かったのかもしれませんね。

緊縛1億円強盗(東京都荒川区東日暮里3丁目)の犯人は被害男性

所謂狂言と言われるやつです。

これはあくまでも推測ですが、かなりの儲けが出てしまい、このまま決算を迎えると相当額を税金でもていかれる可能性があるため、盗ませたのではないかというものです。

これはネット上では結構ささやかれており、今後の警察からの情報にてまた結果が出てくることになります。

緊縛1億円強盗(東京都荒川区東日暮里3丁目)の犯行現場はどこ?

緊縛1億円強盗(東京都荒川区東日暮里3丁目)の犯行現場はJR常磐線の三河島駅から南東におよそ200メートル離れた住宅地です。

200メートルですと大体このあたりになります。また、報道では東日暮里3丁目とのことです。

大体このあたりの中に犯行現場はあります。

近所の人の話では袋小路みたいなところの家で、あまり人通りはないとのことです。

緊縛1億円強盗(東京都荒川区東日暮里3丁目)の逃走経路は?

現在の所、詳細な情報は出ていません。

ですが、1億円のお金を奪って逃げています。これは相当な重さになるはずです。

しかもかさばりもします。そうなると歩いて、走って逃走ということにはなりにくいです。

おそらく車を事前に用意しており、その場から逃走したのではないでしょうか。

そう考えるとどこまで逃走したのか、把握するのはかなり難しくなります。

 

ニュース・教養
シェアする
No action, No life.
タイトルとURLをコピーしました