石澤準奈(せつな)の女子バレー部顧問の女教師特定「可愛い名前で色白」

不祥事

石澤準奈(いしざわせつな)さんは2021年2月に酒田市立第一中学校飛び降り転落〇亡事故を起こしました。この事故について、学校側は初めて保護者説明会を開き、転落は生徒の自殺だったことと「いじめ」を受けていた事実を明らかにしました。

お父様である石澤祐樹さんの話では酒田一中女子バレー部顧問の女教師に対して石澤せつなさんが不信感を抱いていたとのことです。

この酒田一中女子バレー部顧問の女教師について特定しましたので詳しくお伝えします。(追記)

石澤準奈(せつな)の酒田一中女子バレー部顧問の女教師特定(追記)

既に今の酒田一中女子バレー部の顧問は石澤準奈ちゃんが部活をしていた際の顧問から担当が変わっているとのことです。

その為、現在の顧問とは異なる可能性があること、ご認識ください。(追記)

お父様の石澤祐樹さん曰く、石澤準奈さんは酒田一中女子バレー部顧問の女教師に不信感を抱いていたとのことです。この酒田一中女子バレー部顧問の女教師は誰なんでしょうか。

独自に調査した所、まだ現任については裏が取れていませんが、平成30年の段階での女子バレー部顧問の女教師は判明しております。

おそらく人事異動は出ておりませんのでまだ現在も酒田一中女子バレー部顧問であると思われます。

この酒田一中女子バレー部の顧問はこの一件があったことで担当する部活を変更されたとのことです。どうも陸上部に変更したとのことです。(追記)

あれ?陸上部って確か、加害者の主犯格の方が、、、おっと。くちが滑りました。

まだ裏が取れていないので名前や顔写真は伏せますが、名前はとてもかわいく、色白で少しふっくらしたかわいい方です。

これ、部活あるあるだとは思うのですが、どうしても自分の感情を表に出せない子は顧問の先生から標的にされやすいです。

本来、勝負事はきっちりと準備として技術を研鑽した上でそれをいかに試合で出せる様にするのか、それが顧問の仕事であるにもかかわらず、負けた時に「勝ちたい想いが足りないから負けたのよ!」みたいなことを言う顧問のなんと多いことか。

部活動含め、スポーツの指導者たるもの「負けたら指導者のせい、勝ったら選手のおかげ」と心では思っておくべきところ、負けても選手のせい、しかも精神論という反論のしにくい所をつついてくる指導者のなんと多いことか。

おそらく石沢準奈さんは一人で抱え込む傾向にある子だったのではないでしょうか。そういった子はえてして感情を表に出しにくい傾向があるため、先ほどの精神論で戦犯扱いされる傾向が多いです。

女子バレー部顧問の女教師に対して石澤準奈さんが不信感を抱いていたのであれば、こういう所に不信感を抱いていたのではないでしょうか。

こんなことを教師がすれば、必然的にバレー部の仲間もそういう扱いを石澤準奈さんにしてしまいます。

そうするともう想像できますよね。いろいろと最初はいじる所から始まりますが、どんどんエスカレートしていって、最後は上靴に色々と心無いことを書いてしまう行為にも及びます。

この不信感については、まだまだ氷山の一角です。詳細が出てきましたらお伝えします。

石澤準奈(せつな)のいじめ対策を酒田一中はなぜ出来なかったのか

石澤準奈さんの通っていた酒田市立第一中学校にはなんと「いじめ防止基本方針」というものがあります。

そして、衝撃的ですが、「児童生徒が自〇を図った場合」には重大事態として対処する旨が明記されているのです。

まずはいじめ防止基本方針です。

1 基本方針 「いじめは許さない」 は、紋きり的な当たり前の記載ね

2 いじめ防止のための取組についても明確に記載されているわ
3 早期発見の在り方もいいわね。実行出来ればね。。。

この「5 重大事態への対処」がとても気になります。

重大事態の意味には「児童生徒が自殺を図った場合」というのが、「生命、心身又は財産に重大な被害」が生じた疑いがあることに定義されております。

今回の石澤準奈さんの場合はここに該当するはずです。

そうなると

「(1) 調査組織の設置と調査の実施(市教委と協議の上、確認)」が実施されるはずです。

ここでは、「弁護士や精神科医、学識経験者、心理や福祉の専門家などの第三者を含めた委員を補充する」と明記されています。果たして本当にされたのでしょうか。

こんなのされたなんて聞いていないわよね

「 (2) 重大事態の調査結果の報告」も実施されるはずです。

これはお父様の石澤祐樹さんの発言内容では一切なされていないとのことです。

うわ!ひどい!これされていないわよね


「 (3) 外部機関(市教委・警察等)との連携」も実施されているはずですが、、、どうなんでしょうか。

残念ながらこんな資料を作成しておきながら、一切実行がされていない様に感じます。

また、これも残念ながら、これはあくまでも努力目標であって、実施しなかったとして、法に触れるのかと言われるとおそらく触れることはありません。なので、いわゆる形骸化してしまっていると思います。

「我々はこのいじめ基本方針を元に進めるから安心ですよー」と保護者にはおそらく伝えておきながら、こんな対応です。

お父様の無念さもわかります。

こんな情報が出てきてしまうと石澤祐樹さんのコメントの中で既に定年退職された前任の斉藤校長先生については、謝意を示している個所があります。

ですが、石澤祐樹さんがなにか問題提起をして定年退職直前に厄介事をもってこないように色々と頑張った口実を作りたかっただけなのでは?という気もします。

実は、このいじめ調査で石澤せつなさんは、いじめを受けていることを告白していたとのことです。(追記)

ですが、なんと、なんとですよ。担任の教師がいじめがなかったこととして教育委員会に報告を入れていたとのこと。(追記)

ひどい話です。これ、どういった理由でこんなことをになったのかしっかりと説明をしてほしいです。(追記)

石澤準奈さんのいじめ問題はなぜ再捜査されているの?

お父様の想いを綴った以下の文章をご覧ください。

この文章を元に有志の方々が再度話を大きくして学校側が無視できない状況にしている為、しっかりと再捜査に至りました。

石澤祐樹さんご自身としても中学校の足を引っ張りたいとかそういうものではなく、純粋に自分の娘が何を思い、何を考え、行動に出たのか、真実を知りたいのだと思います。

この思いは石澤祐樹さんのコメントの中でも出ていますが旭川いじめ事件の件も同じ思いであることでしょう。

きっちりと学校、教師は真実を伝えるべきです。

山形県酒田市立第一中学校に去年から通っていた私の娘、準奈(せつな、13歳)が今年2月12日(金曜日)朝、学校で飛び降り自〇をしました。
何も起きていなければ今週土曜日9月4日はこの子が14歳の誕生日になる日でした。
一緒に過ごした13年間と同じように「せっちゃん、お誕生日おめでとう、14歳おめでとう」って直接言ってあげたかった。でも居なくなってしまった。
飛び降りた準奈を見た男子生徒からの知らせを受けて直ぐに駆けつけた最初の大人、今年の3月に定年した前任者の斉藤校長先生、必死にせつなを人工呼吸したり心臓マッサージをしてくれてありがとう、感謝します。そのあとも私達家族に気持ちの面でも寄り添ってくれて3月の退職する最後まで人を動かして調査をしてくれてありがとう。しかし、せつなをいじめた奴ら、追い詰めた奴らはその時点では誰も喋ってくれるやつはいなかった。靴に「ウザい、〇ね」と書いて入れた奴らはまだ見つかっていない。娘が生前妻に話していたことや遺していたものを紐解くと部活動(女子バレー部)の顧問の女教師に対する不信感や学校内でのイジメなんだなと感じた。信じられなかったのは靴にウザい、〇ねと書いて入れられた事実を知ったのは娘が死んだ後病院で刑事さんから聞かされた、ショックだった。何故担任の女教師は娘が生きているときに報告しないのか?軽く考えていたのだろうな、本当に。
助けてあげたかったよ、せっちゃん。パパ悔しいよ、何のための父親だ。イジメの調査は4月以降一切行われていない、要請してもしない、できないと言っている、何故だ?前校長が3月まで調査した分は市の教育委員会に挙げたそうだ、それで終わりにされてしまっている、何故?新しい準奈の何かが出てこない限り調査はしないと言われた。何故?イジメは起きていたのに、追い詰められていたのに、じゃないと〇を選ぶ選択をしないだろう普通。この4月から赴任してきた新しい校長がかなりやばい、つい先日バレー部の保護者会があり参加した保護者から聞いたら「私は、4月から来たので知らないし、わからない」と、発言したそうだ。前校長からの引き継ぎは?普通の世の中の会社組織ではそれは通用しないよ。その保護者会より数日前に妻が学校に呼ばれてバレー部の保護者会の内容を説明されたそうだ、その際に教頭からは(過去に教頭は自分の教え子が事故か何かで亡くなったことがあることを私達夫婦に話したことがある上で)「言ってたんですよね、生徒の母親が、もうそっとしておいてほしいって」と何の脈略もないのにそんなことを言われて妻は飽きれて絶句したそうだ、私がどういうつもりでそんなこと言うんだと抗議すると只すいませんとしか言わない、、、当事者意識が全然ないんじゃないかと強く感じました。あの旭川中学校のバカな教頭の発言の記事を思い出しました、きっと根っこは同じ思考回路でしょう。このままダラダラと時間を稼いで娘を虐めて追い詰めた奴らに口裏合わせをする時間を稼がせている現状。パパ本当に悔しいよせっちゃん。
これを読んだ皆さん❗️私の母校、酒田市立第三中学校の野球部の後輩達、私が所属している野球チーム、ナンバー6のみんな、このインスタで知り合った皆さん❗️お願いです、このことを拡散してもらえませんか。
俺は絶対に娘を追い詰めた奴らを許したくない。
今朝、Facebookで加藤秀視さんの記事を読んで絶句しました。私達の娘も亡くなって半年も経つのにこのような現状で苦しんでいます。
すいません、設定が動くてシェアしたくてもできなかった皆さん、設定し直しました。w
よろしくお願いします。どうでしょうか?

ああ、女子バレー部顧問の女教師に不信感を抱いているって書いてあるわ!

石澤準奈さん、いろいろと苦しかったのでしょう。もっと早くに学校側が対策していればと思わずにはいられません。

石澤準奈さんの飛び降り後にすぐに保護者説明会を開催しなかったのは学校と加害者が共謀して証拠隠蔽を図ったからか(追記)

なぜ石澤せつなさんの飛び降り後に保護者説明会は開催されなかったのでしょうか。

そもそも論にはなりますが、これが仮に事故であったとして再発を防止する為の啓蒙活動が行われてしかるべきです。

ですが、一切そういったことはありませんでした。

まず学校側は石澤準奈さんがSOSを出していることは調査アンケートで分かっておりました。

また、加害者の両親も自分の娘がいじめをしていることをなんとなくわかっていたから、飛び降り直後から自分の娘も被害者であるかのような言い回しを近所にしておりました。

こう考えると、上記2者の思惑としては、このまま風化してほしい。みんなの記憶からは消えないだろうけど話題からはなくなって欲しいという思いが強かったように感じます。

このあたり、きっちりと逃がさず第三者委員会の方で明確化してくれることがこの酒田一中に通う子供たちの親の想いではないでしょうか。

石澤準奈さんの妹さんは大丈夫なの?(追記)

石澤準奈さんの妹さんは現在小学生です。現在、加害者の情報も続々と出てきております。

酒田市教育委員会の鈴木委員長も第三者委員会を設置して調査を進めると発表しております。

保護者説明会の際にも保護者の中から出てきたのはこれだけの大騒ぎになってしまいました。

元々、加害者側は「死ね」という命令口調で石澤準奈さんに対して死を強要しておりました。こんな気性の人が今の状況は石澤準奈さんのお父様が事を大きくしたからとこの妹さんに対してとても皆さん、気にかけていらっしゃいます。

こういう形で近所の目が出てくるといじめも減ってきます。最近は個の時間を尊重する風潮がありますが、やはり、昔の様なカミナリおじさんや小言の多いおば様が近所を監視することがとても大事なことです。

この件で少しでも全国のいじめが減っていくよう、近所の連携が取れるようになれば良いですね。

不祥事
シェアする
No action, No life.
タイトルとURLをコピーしました