服部恭太のフェイスブック顔画像「顔つきは強気でも手は震えてる」

京王線通り魔事件

服部恭太(はっとりきょうた)容疑者は、調布市内の京王線の国領駅付近に通り魔として現れましたが、既に逮捕済みです。

2021年10月31日に服部恭太容疑者はジョーカースーツを身にまとい、刃物を持ち、ガソリンをまき散らした男とのことです。

この記事ではフェイスブック顔画像、フェイスブック(Facebook)アカウント、犯行場所、犯行動機についてお伝えします。

服部恭太容疑者のフェイスブック顔画像

服部恭太容疑者のフェイスブック顔画像はいったいどんなのでしょうか?

服部恭太容疑者は小田急線通り魔事件を模倣して二人以上殺そうとしていたとのことですが、どんな顔で実行したのでしょうか。

服部恭太容疑者の右手にはナイフを持ち、左手にはペットボトルにガソリンを入れて持っていたとのことです。

そして、服部恭太容疑者は京王線の車両後方で突如としてガソリンを撒き、火をつけています。

こんな事、普通の表情で出来るのでしょうか。ガソリンの火は瞬く間に燃え上がり車内は騒然としています。

逃走する方々はもう必死の形相です。顔画像としてはもうひきつっている方々が多数です。

そんな中でも服部恭太容疑者は黙々と犯行を続け、15人に怪我をさせました。

そして、そのうち1人の60代~70代の見られる乗客の男性が意識不明の重体で心肺停止状態です。

この男性も服部恭太容疑者は無表情で切りつけたのでしょうか。

既に服部恭太容疑者は警察官により逮捕されました。

服部恭太容疑者は暗い茶髪に緑色のシャツ、黒っぽいジャンパーで黒マスクの小太りの男です。

本人は自称24歳と公言しているという情報も入っています。(追記)

何かイライラした、ふてぶてしい雰囲気が荒い画像の中からも伝わってきます。

hattori-keita-face1
hattori-keita-face2
これ、動画で見たけど左手はすごい震えているみたいよ。

死刑を望むってもうひっそりと自●して誰にも迷惑かけないで欲しいわね。



hattori-keita-face3
hattori-keita-face4
hattori-keita-face5
hattori-keita-face6

 

 

小室圭さんはニューヨーク州の司法試験を受けてないから不合格じゃないんだよ

 

服部恭太容疑者のフェイスブック(Facebook)アカウント

服部恭太容疑者のフェイスブック(Facebook)アカウントは一体どんなのでしょうか。

服部恭太容疑者のフェイスブック(Facebook)アカウントを調査しました。

服部恭太の名前では3件のフェイスブック(Facebook)アカウントがヒットしました。

ですが、服部恭太容疑者は無職であるとのことでした。そしておそらくですが、関東住まいです。

そう考えると葛飾区のフェイスブック(Facebook)アカウントはNTTなので違います。

福岡市在住のフェイスブック(Facebook)アカウントはおそらく違います。

そう考えるとやはり一番上のアカウントが服部恭太容疑者の物である可能性が高いです。

服部恭太容疑者は死刑になるつもりでこの京王線の通り魔を実行しております。

その為、フェイスブック(Facebook)アカウントは元々あったがデータをすべて削除してしまった可能性が高いです。

この情報、また調査を進めまして情報が入り次第お伝えします。

服部恭太容疑者の犯行場所はどこ?(追記)

通り魔が犯行に及んだのは京王線布田駅〜国領駅付近で、車内の5両目のシートから出火したとみられています。

また1,2両目にも塩酸のような液体が巻かれたという情報もあり、京王線通り魔確保後、前方で爆発音がしたという証言と一致します。

京王電鉄と警視庁の発表
犯行が起こった電車は京王八王子発新宿行きの特急で10両編成。
午後7時54分頃、調布駅を発つ。
服部容疑者は6両目で火をつけ、8両目で男性を刺した。
警視庁が確保した際には9両目にいた。

直後の記事では5両目と記載がありましたが、警察発表ですと6両目でとなっています。
6両目で燃え上がって逃げまどう人を追いかけて8両目まで逃げた人に襲い掛かったことが分かります。
ハロウィンからの帰宅でごった返す日曜日、車両内が混雑していたことがうかがい知れます。たくさんの人でこれ以上逃げたくても逃げきれない人が犠牲になりました。(追記)

こちらの動画をみるとまだ車両は走行中に阿鼻叫喚に包まれ、車両が駅に着くまで燃える車両と服部恭太容疑者から逃げまどい、隣の車両から眺めるしかないという切迫した状況が見て取れます。

 

 

小室圭さんはニューヨーク州の司法試験を受けてないから不合格じゃないんだよ

 

服部きょうた容疑者の犯行動機は死刑になりたかったから(追記)

乗客の証言
どいつもこいつもハロウィンうぜえんだよ!って叫んでた
乗客の証言
怖かった怖かった…
ゴオって燃えて逃げるしかなくて、なんか叫んでた。ハロウィン?意味わからん

服部恭太容疑者ですが、犯行動機は何だったのでしょうか。

震える乗客の方の証言からは今日のハロウィンのイベントについてイライラしているように見えたとのことです。

また、一部乗客と服部恭太容疑者は口論にもなっていたようです。

この通り魔事件、服部恭太容疑者は小田急線で起きた通り魔事件を模倣したと証言しています。そして、二人以上●して死刑にもなりたいと証言しています。

現在、70代の男性が刺されて心肺停止状態にあるとのことです。何とか持ち直して頂き、服部恭太容疑者には生きて罪を償ってもらいたいです。

服部恭太容疑者は現在無職ですが、今年の6月ごろから仕事がうまくいかず死にたいと思うようになり死ぬなら多くの人を殺して死刑になりたいと望んでいたとの情報が入っています。
10月31日に犯行を起こしたかという点については「ハロウィンは電車にたくさん人が乗っていると思った」と供述しておりその通りに今回の犯行を実行に移しました。
1人を心肺停止に追い込んでおきながらいまだに「計画がうまくいかなくて悔しい」など反省の色はない様子です。(追記)

 

小室圭さんはニューヨーク州の司法試験を受けてないから不合格じゃないんだよ

 

服部恭太容疑者は小田急線通り魔事件を模倣した「勝ち組●したい」

今回、服部恭太容疑者の口から小田急線通り魔事件の話が出ました。

この事件ですが、「誰でもよかった」 「大量に人を殺したかった」 という発言のもと、2021年8月7日、警視庁成城署に逮捕された神奈川県川崎市多摩区在住の自称派遣社員・対馬悠介容疑者(36)が取り調べに対しこう語っておりました。

この對馬悠介容疑者は、ガソリンを準備出来ず灯油を小田急線内でばらまき、チャッカマンで火をつけようとしましたが、結局火をつけることが出来ずに終わっております。

そう考えると今回の服部恭太容疑者はガソリンをばらまき見事に電車を炎上させてしまいました。

模倣していたというのもおそらく真実なのでしょう。

更に情報が入りましたらお伝えします。

 

 

 

小室圭さんはニューヨーク州の司法試験を受けてないから不合格じゃないんだよ

 

服部恭太容疑者のプロフィール(追記)

服部恭太容疑者のプロフィールです。

名前:服部恭太(はっとりきょうた)
   ※一部で服部敬太(はっとりけいた)となっているがこちらが正しい
学歴:小中高と福岡で過ごし専門学校卒(追記)
住所:不明
年齢:24歳
職業:無職(前職は介護ヘルパーなど)(追記)
容疑:殺人未遂

服部恭太容疑者の計画がかなり凶悪「本気で●しに来ている」

この服部恭太容疑者はどこで火をつけたのでしょうか。

先程、犯行場所については布田駅~国領駅の間と記載しましたが、服部恭太容疑者は布田駅付近で火をつけています。

ここで火をつけた意味がわかりますでしょうか。

これは確実に服部恭太容疑者は意識してやっています。キーワードはホームドアです。

まず、もう一度国領駅の逃亡時の状況を振り返りましょう。

皆さん、窓から脱出してホームドアをよじ登ってホームに戻ってきていますね。

もう恥も外聞もないわ。命を最優先ね。

この通り、ホームドアが閉まった状態でもホーム内に入ることができました。このホームドアのおかげで電車のドアが開かなくても服部恭太容疑者から逃げるべく、ホームに逃げ込むことができました。

では、服部恭太容疑者が火をつけた布田駅のホームドアを見てみましょう。

うおお!!
これ、全面ホームドアになっているじゃん!

え?これ、電車の窓から外に出てもホームに入れないわよ。。。


そうなんです。布田駅のホームドアは全面ホームドアなんです。

ここで電車が止まっていたとしたら、服部恭太容疑者から逃げる為に電車の窓から外に飛び出しても布田駅のホーム内に入ることが出来ないのです。

つまり服部恭太容疑者は本気で二人以上を●そうと計画してこの全面ホームドアのある布田駅で通り魔を、テロを始めたんです。

意識せず電車を停めてしまえば本当に大変なんことになっていたと思います。

布田駅では止まらず、国領駅まで電車を走らせたこの京王線の運転士の方は本当に機転の利く頭の回転の速い方だったのだと思います。

この行動一つをとっても服部恭太容疑者の狂気っぷりが見て取れます。

実際にどこまでを計画してこの犯行に及んだのか、また情報が入りましたらお伝えします。

服部恭太容疑者の凶器は刃渡り30cmの包丁(追記)

服部恭太容疑者が今回の犯行に使用したものは。サラダ油、ライターオイルとライター、そして男性を刺した包丁です。

一般的な家庭の包丁で12~18cm程度で、料理人が使う包丁でも24cm~27cm程度なのに対し、服部恭太容疑者が持ち込んだのは刃渡り30cmの包丁でした。

實光刃物より
刃渡り30cmとされる包丁

改めてみますと恐ろしい長さの包丁です。服部恭太容疑者は刃渡り30cmの包丁をネットショップで購入したと供述しており、計画を持って犯行に及んだことが裏付けされています。

主婦が家で触る包丁なんて18cmでも大きいなぁと感じるくらいよ。
これが、油が撒かれて燃える車両の中で振り回されたらって考えると逃げまどうしかないわ

いやこりゃヤバい長さだな
これをネットで普通に購入できてしまうのか?規制対象になりかねんな

こちらの入手に関しても詳しい情報が入り次第追記していきます。

服部恭太容疑者の供述

服部恭太容疑者の供述
上野でライターオイル缶を10個程度買った。
使い捨てライターだとすぐに消えるのでジッポーを選んだ。
リュックの中身は
(ジッポーライター4個、ライターオイル入りのペットボトル4本)
事件の3時間前の17時頃に
八王子駅から渋谷駅で降り30分程度ハロウィン人だかりを観察。
再び電車に乗り、走行時間が長く人の多い上りに乗り換えた

服部恭太容疑者が供述を始めました。入念な下準備をかなりしていたことが分かります。
意識不明の男性が1人、16人が負傷で済むのが奇跡的です。
一歩間違えれば数十人単位の死者が出ていた可能性が高い事件であることが伺えます。

京王線通り魔事件
シェアする
No action, No life.

コメント

タイトルとURLをコピーしました