行動しなきゃ生きてけないよ!

四千頭身の都築拓紀は気持ち悪いからいらない?実際どうなのか調べてみた

2020/03/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

最近ご活躍目覚ましい四千頭身のお三方、今回はその中でも都築拓紀さんが気持ち悪いいらないというお話があがっています。

 

実際のところどうなのでしょうか。

 

順番にお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

四千頭身の都築拓紀さんは気持ち悪い?

名前 都築拓紀

生年月日 1997年3月20日

出 身 地 茨城県

身 長 176cm

四千頭身では、立ち位置は左側になります。

 

目と歯が特徴的ではありますが、そんな気持ち悪いというイメージはありません。

 

皆さんのご意見を伺ってみましょう。

調べていくと随分辛辣な意見が続きます。

 

ですが、これだけの声が出るということはそれだけ目立っているということではないでしょうか。

 

これだけ目立っていると、後藤さんのおどおどした雰囲気と相まっていい感じに引き立て役となっている感じがします。

 

気持ち悪いかどうかでいくと以下のことのような気もします。

残念ながら画像を用意できないのですが、かなり舌が大きいです。

 

口の大きさと比べてもかなり舌の方が大きいのではないか?というくらいの大きさです。

 

こちらであれば確かにちょっと気持ち悪い感じがします。

 

結構本人もいろいろな番組でおっしゃっているので気持ち悪いのは確定です。

スポンサーリンク

四千頭身の都築拓紀さんはいらない?

実際の所、どうなんでしょうか。

 

四千頭身都築拓紀さんはいらないのでしょうか。

 

まず、四千頭身都築拓紀さんといえば、漫才などでの登場時は一番最初にお客様の前に出てきて、「つかみ」では胸をたたくのが印象的です。

 

つかみで「ドコドコド」と呼ばれるゴリラのようなドラミングを行うのには理湯があります。

 

これを始めたきっかけは、ネタ合わせの際に挨拶で頭を下げた時にたまたま胸ポケットから鍵が落ち、それを拾う姿が後藤のツボにはまり、本番でもやるように促し、ただしゃがむだけではつまらないのでゴリラの振りを付けたということです。

 

本人たちとしては、面白いと思っているのでやっていることですね。

 

ということは、都築拓紀さんがいないとこのつかみができません。

 

ということはやはり必要なのではないでしょうか。

 

そして四千頭身の中では唯一のボケ担当です。

 

都築拓紀さんがいないとボケる人がいません。

 

やはり必要なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

この記事では四千頭身の都築拓紀は気持ち悪いからいらないのかについてお伝えしました。

 

舌の大きさが規格外なので、若干気持ち悪いところはありますが、いらないことはないかと思います。

 

今、メディア露出がすごい四千頭身のお三方、是非ともご活躍頂ければと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

Copyright© No action, No life. , 2020 All Rights Reserved.