行動しなきゃ生きてけないよ!

アンサングシンデレラの相関図がヤバい?キャストも石原さとみや西野七瀬以外もすごい

2020/03/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

2020年4月9日から『アンサングシンデレラ』が石原さとみさん主演で実写ドラマ化されることが決まりました。

 

アンサング』とは『讃えられない』『称賛されない』、アンサングを用いたイディオムには『縁の下の力持ち』を意味するunsung heroがあります。

 

医療の現場においてはお医者さんの顕現が強いですが、医師の処方箋を見て薬剤師は意見することもできるのですがそれはなかなか人の目に触れることがありません。

 

このドラマでは、病院薬剤師の主人公が、自身と薬剤部のメンバーを中心として、医師、看護師、外部の薬剤師などの医療に関わる役割の人物との間に起こる問題に向き合っていきます。

 

その中で、薬剤師法第24条で義務付けられている疑義照会が主要なテーマであり、それを実践する薬剤師の考えや行動と周囲におよぼす影響に焦点が当てられています。

スポンサーリンク

アンサングシンデレラのキャストが石原さとみや西野七瀬以外もすごい

石原さとみ(葵みどり 役)

石原さとみさん演じる葵みどりは、入社二年目の病院勤務薬剤師です。

 

主に小児科を担当しています。

 

快活で物怖じしない性格で髪型は高い位置に大きくまとめたおだんごヘア、嗅覚と味覚がすぐれ薬を見分けることが出来ます。

 

若さと信念がある為か、仕事を含め物事に深入りしやすく、それゆえに衝突することもありますが、患者と正面から向き合うことを心掛けています。

 

最近では、2018年1月12日から3月16日までTBSテレビ系で放送されたテレビドラマ「アンナチュラル」では、法医解剖医の三澄ミコトを演じられていたのが印象的です。

 

このドラマの主題歌「Lemon」もとても印象的でした。

 

そして、小栗旬さんと共演された「リッチマンプアウーマン」も記憶に残っています。

 

毎回石原さとみさんの役は周りを巻き込んで迷惑をかけるも最後はみんなハッピーになっていくイメージがあります。

 

今回もそういう雰囲気を醸しております。

 

とても期待しています。

西野七瀬(相原くるみ 役)

西野七瀬さん演じる相原くるみは、みどりの頼れる同僚薬剤師ですが、『医者ほど責任は生じない』というスタンスから消極的な理由で薬剤師になった経緯があります。

 

そんなくるみですがみどりと接するうちに徐々に変わっていくようです。

 

やはりこの方といえば2019年4月14日から9月8日まで毎週日曜22時30分 – 23時25分に放送されていた日本テレビ系のテレビドラマ「あなたの番です」での黒島沙和役が印象的ですね。

 

ちょっと心に闇があって大人しい役をされるイメージです。

 

今回も『医者ほど責任は生じない』とか、消極的な理由から薬剤師になったとか、はまり役な感じですね。

清原翔(小野塚綾

清原翔さん演じる小野塚綾は、主人公みどりが病院薬剤師であることを知り興味を示し度々彼女の前に現れる…という役。

 

正体はドラッグストアに勤務し新薬指導を担当する薬剤師だそうです。

桜井ユキ(刈谷奈緒子

桜井ユキさん演じる刈谷奈緒子は、ベテラン薬剤師で効率重視、生真面目な性格で薬剤部で管理する余剰在庫を最小限に抑え、経費削減の成果を収めている辣腕な女性です。

井之脇海(羽倉龍之介

井之脇海さん演じる羽倉龍之介は、入社一年目で主に整形外科を担当し、みどりからは「ハク」と呼ばれており、あまり表情を変えない男性薬剤師の役です。

金澤美穂(工藤虹子 役

金澤美穂さんが演じる工藤虹子はドラマ尾尻鳴るキャラクターです。

 

噂が大好きな、4年目の薬剤師…金澤さんが演じられるということで『あなたの番です』での演技が思い出されますね。

 

田中圭さん、西尾七瀬さん、金澤美穂さんと御三方もあなたの番ですから共演されると色々思い出してしまいますね。

真矢ミキ(販田聡子

真矢ミキさん演じられる販田聡子はドラマオリジナルキャラクターとなりますが、原作では販田聡という男性で恰幅の良い体系で癒し系…と書いてありました。

 

ドラマでの販田聡子は上司にも部下にも気を遣う中間ポジションですが、優しいだけではなくずる賢さや計算高さも持ち合わせているしたたかな女性だそうです。

迫田孝也(辰川秀三 役

迫田孝也さん演じる辰川秀三は待たせるとすぐにキレてしまうというキャッチフレーズで有名な外来患者で、中華料理店娘々亭の店主でもあります。

池田鉄洋(七尾拓 役)

池田鉄洋さん演じる七尾拓は総合病院の薬剤部副部長で、治験を担当し臨床試験の実績を上げており他のメンバーとは一線を画した治外法権的な地位にいます。

でんでん(荒神寛治 役

でんでんさん演じる荒神寛治は『調剤の魔術師』の異名をもつベテランの薬剤師で、医療品の情報を管理するドラッグインフォメーション室の責任者を務めています。

田中圭(瀬野章吾 役

田中圭さん演じる瀬野章吾は主人公みどりを指導してきた先輩薬剤師で5年前に転職してきたが、他部署と関わることに消極的で処方箋に基づく薬の提供をするだけの薬剤師に疑問を抱き積極的に動き改革を齎した。

 

一方で薬剤師の活躍に驚くくるみに、「救ったのは医者である」とくぎを刺す冷静な一面も持つ頼りになる先輩です。

スポンサーリンク

まとめ

 

こんかいはアンサングシンデレラのキャスト相関図についてお伝えしました。

 

もう強力なキャストでお送りするこのドラマは大ヒット間違いなしでしょう。

 

放送までが待ち遠しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

Copyright© No action, No life. , 2020 All Rights Reserved.