行動しなきゃ生きてけないよ!

刀剣乱舞にも登場 皇室御物 平野藤四郎

2019/05/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
歴史とデジタルガジェットが大好き民。 登場キャラクターに歴史上の人物がいればゲームも手当たり次第にプレイしてしまう。 ブログ作成のお供はpomera DM200。DM30もちょっとほしいと思ってる。 鞄についているマグネットフックが天敵。

皇室御物第二弾として平野藤四郎について書いていこうと思います。

刀剣乱舞にも登場しています。

スポンサーリンク

皇室御物 平野藤四郎

短刀 額銘 吉光 名物 平野藤四郎
長さ 9寸9分(30.3cm)
作者 藤四郎吉光

江戸時代8代将軍徳川吉宗の命で集められた名物の刀剣台帳である『享保名物帳』に名だたる刀剣たちの中から初手に載るほどの名物です。
(副本には初手、幕府に提出された現本には二番手に記されています)
徳川将軍家はこの名物の収集に積極的で、大名家は自分たちの家に伝来する名物を召し上げられないよう隠すのに必死でした。御三家でさえ召し上げの打診があったそうです。
故に刀剣の鑑定や研ぎなどを行う本阿弥家や町の研ぎ師たちにさえ出さないほどでした。
となりますと、手入れが不十分になり朽ちた刀もあったのでは?と邪推してしまいます。権力者が保持することで美術品が保護される面もありますが、損なわれる面もあるのではと思うと複雑な気持ちになりますね。

スポンサーリンク

名の由来と来歴

平野藤四郎の『平野』は大坂の商人平野道雪にちなみます。
平野家は坂上田村麻呂の子孫を称しており、事実田村麻呂の子は広野庄を領地としていました(のち平野庄と改称)。
平野家は江戸期まで栄え、現在の大阪市平野区のあたりにあったといいます。

豊臣政権下、淀城城主木村重茲(きむら しげこれ)から金三十二枚で召し上げるよう打診があり道雪の手から離れます。木村重茲は大坂夏の陣で討ち死にした若武者木村重成の父です。NHK大河ドラマ真田丸では重成を白石隼也さんがされていましたね。
当時はちょうど1尺あったそうですが、そのさい区切りされ現在のサイズになり、豊臣秀吉に献上され、秀吉は後に前田利長対し橋立の茶壷と共に平野藤四郎を与えています。
関ケ原の合戦後前田利長は隠居し、その挨拶として徳川秀忠に献上しますが、元和元年(1617年)5月13日将軍が前田邸へ渡御した際、(畠田)守家の御太刀、一文字の刀(浅井一文字)、平野藤四郎の脇差を与えられ、以来明治に至るまで金沢城内で保管されてきました。
この渡御の拝領のお返しに前田家からは同じく守家の御太刀、貞宗の刀、新身藤四郎の脇差を献上しています。
平野藤四郎は折紙(本阿弥家による鑑定書)はありませんが、千貫以上の価値があるとされ、大切にされていたようです。
お手入れも定期的にされていたようで、本阿弥長根が出向いた際も、新刀の如し、と驚いたとされています。

明治15年(1882年)前田家より天皇家に献上され以来皇室御物となりました。

スポンサーリンク

平野藤四郎の現在

第二次世界大戦後に財産税として多数の古美術品が国庫に納められたりしましたが、平野藤四郎がそれを免れ現在御由緒物として、宮中祭祀に使われ相続税の非課税対象となっています。
秀吉→前田家→秀忠→前田家→皇室…とは本当に華麗なる遍歴ですね。

 

〇〇家から献上、というのをよく見るのですが、200年以上家にあるものなら相当な家宝だと思うのですが、献上せず蔵に保管…ということをしないのでしょうか?
召し上げに近い献上だったのか? それとも税金がきつくなってきたのか…といつも疑問に思っています。
現在は御由緒物ということで皇室にあり続けますが、今後の相続で御由緒物を外れてしまわないよう祈っています。


参考元:日本刀大百科事典から引用

この記事を書いている人 - WRITER -
歴史とデジタルガジェットが大好き民。 登場キャラクターに歴史上の人物がいればゲームも手当たり次第にプレイしてしまう。 ブログ作成のお供はpomera DM200。DM30もちょっとほしいと思ってる。 鞄についているマグネットフックが天敵。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© No action, No life. , 2019 All Rights Reserved.