竹森幸三の犯行動機は光市母子殺害事件の模倣「逮捕の決め手は夜のお店」

ニュース・教養

竹森幸三(たけもりこうぞう)容疑者(広島県福山市西新涯町1丁目在住)は、20年前に広島県福山市明王台5丁目内の住宅街で35歳の大石朝美さんを殺害した事件で逮捕されました。

被害者の大石朝美さんの夫はパチンコ店を経営しており怨恨か金目的かと当時話題となりました。

逮捕されたのは当時造園業を営んでいた竹森幸三容疑者で、逮捕の決め手となったのは遺留物であるとのことですがなんとも歯切れが悪いのはその捜査手法にあったようです。

また、竹森幸三容疑者の犯行動機については、2年前に起きた1999年(平成11年)4月14日に起きた光市母子殺害事件とも言われております。

詳しくお伝えします。

竹森幸三容疑者の犯行動機は光市母子殺害事件

現在、引き続き竹森幸三容疑者の取り調べは続いているとのことですが、竹森幸三容疑者の犯行当時から光市母子殺害事件を模倣しているのではないかという話があがっているとのことです。

警察関係者
元々から言われていたことだけど、この事件は2001年(平成13年)の2月に起きたんだけど、2年前の1999年(平成11年)4月に光市母子殺害事件が起きて、元々死刑を求刑していたけど、無期懲役になった為、酵素されて2000年9月にも控訴審初公判が行われて世間を騒がせていたよね。あれを真似していると言われているよ。理由は言えないけどね。

どうにも警察関係者の証言では、竹森幸三容疑者が光市母子殺害事件を模倣しているとのことで話を進めているとの情報はあるのですが、その根拠の部分がとても歯切れが悪いです。

確かに光市母子殺害事件でも犯人は、布テープ・こて紐などを携帯し、排水検査の作業員を装って訪ね、犯行に及んでおります。殺害は母子ともに絞殺して行っております。絞殺した理由としては暴れて大声を出されたからということでした。

竹森幸三容疑者が行った犯行はバージョンアップです。同じように家の中に入った時点でまずは、粘着テープで被害者の大石朝美さんの口をふさいでいます。

それでも大石朝美さんは竹森幸三容疑者から逃げようと2階に逃げるところで、竹森幸三容疑者が左わき腹を刺したのではないかということです。

また、この後、一切宅内の物品は盗難されていない為、盗難とは別の目的と言われ続けておりました。

警察関係者の話でも光市母子殺害事件が模倣というのもわかるのですが、20年経った今、なぜいきなり竹森幸三容疑者は捜査線上にあがってきたのでしょうか。

それは、刑事さんが上げた仮説からのDNA検査が決め手と言われております。

 

 

 

兵庫県加西市の死体遺棄事件の関口羊佑容疑者の勤務先判明

 

竹森幸三容疑者の逮捕の決め手は夜のお店のDNA鑑定

竹森幸三容疑者は実際になぜ急に捜査線上にあがってきたのでしょうか。

その理由となるのは以下の情報をご覧ください。

やばいことがバレてしまったかも

今日ですね、西署の刑事さんがやってきたんです。
「高橋さんですか?」
と。
「福山西警察署の刑事課の○○と申します」
と。
二人連れでした。

思い当たる節しかないので割とキョドって受け答えしてたんですが、それ以上になぜか刑事さんのほうがキョドってて、とてもカオスな空気に「なんかおもれーぞ」と心の中で思いながら話を聞くと、

「20年前に起こった明王台の殺人事件ご存じですか?」

とのこと。

もちろん知ってます。
田舎で起こった殺人事件、しかも未解決のやつです。
当時は会社勤めで上司が明王台に住んでたもんですからあーだこーだと話題になった記憶があります。

で、なんでここに?
となりますわな。

さすがにこの事件については思い当たる節はありません。
事件についていろいろ説明してくれましたが要するに、
・強盗ではなさそう
・被害者は35歳の奥さん
・とにかく手掛かりが少ない
・20年たってDNA鑑定ができるようになった
・犯人と思われる血痕が付いた靴下が証拠品にある。

だそうです。

ここから刑事さん、申し訳なさそうに言葉を選びながら若干小声で話し始めました。
話は変わるんですが、赤坂にあった「ナイティー」ってお店ご存じですか?
と。

知ってます、知りすぎです、ぶち行ってました、なんならノールックで目的の商品までたどり着けますwww
刑事さんの小声を吹き飛ばす勢いで勝手に盛り上がっちゃいました。
ナイティー。
当時の僕らの青春です。
夢の国です。
平たく言うと「アダルトショップ」です。
じめじめした感じの、おっさん御用達の、あーゆーヤツではなく、当時としてはとてもセンセーショナルでおしゃれ感もありつつファッショナブルないでたちの大型店。
でも入るにはちょっとしたコツがあって、入口手前2mでウィンカーが定番です。
後続車に悟られないようにスマートにインです。
お客さんは比較的若年層(ほぼ冷やかし)、なんならカップルもたくさんいました。
そんなボクらのナイティーも、インタネッツで何でも手に入る時代となり、もうあんな難しい2mウィンカーなしに、優雅にお買い物ができてしまう世の波に流されるようフェードアウトしてしまいました。
何の話じゃったっけ?

そうそう、刑事さんね。
強盗の線は薄く、いろんな角度で捜査してるらしいのですが、奥さんが被害にあったという点から性的な目的の線でも捜査しているとのこと。
なので
「ナイティーの会員さんに当たってます」

やめーやww
ひきょうじゃろww
まずナイティーに謝れwww

そりゃキョドるわ。
小声で話すわ。
で、
「DNA鑑定させてください」
だそうです。
「DNAが一致する確率は4兆分の1なのでご安心ください」
ぶw
そーゆーことじゃないw
やっぱりボク持ってるんですかね。
激激レア中のおおレアですよ、捜査線上に現れるラジコン屋店長。
もちろん二つ返事で協力させていただきました。
こんなこともう一生ないかもしれないのでイチかバチかで
「DNA検査、写真とっていいですか?」
ってアタックするも強めにブロック。
そりゃそうだなとすぐに反省。

でも刑事さん、
「面白おかしく皆さんにお話しされるのは結構です、むしろ話して下さい!」
20年も経って事件が風化してます。
今一度思い出してほしい、どんなに小さな手掛かりでも欲しいのでぜひお話ししてくださいと言われました。
のでここに書きました。
すぐ書きました。
がまんできずにすぐ書きました。
20年も経ったからこそ出てくる話もあるそうです。

だれだれの知り合いが犯人臭いとか噂聞いたことあるで~とか
今思えばアイツなんかあやしいんだよなーとか知り合いの知り合いがよーた。とか。
もし万が一そんな記憶がある人は、結果ガセでもなんでもオッケーです。ご協力ください。

ちなみにですが、ここに来る前に会員証の住所に来て「ラジまに」の店長であることを突き止めてきたらしいです。
自宅に来てます。
要するに「会長」に接触してます。
刑事さんが「息子さんに会いたい」と接触してます。
そういえば「こないだ西署の刑事がきたど」って言われた気がします。
20年も前のことですが「ナイティー」が身内にばれることがちょっとだけ甘酸っぱい47歳からの報告でした。

あと、心当たりのある方、心の準備をしておいてください。

ナイティーの会員のほうやで。

大人の夜のお店の会員がDNA検査対象

ということで、このブログにあるとおり、竹森幸三容疑者の事件はこの大人の夜のお店の会員が検査対象となっておりました。(ブログ主さんは犯行とは無関係の方です)

タイミング的に見ても相当数いるはずですし、検査結果を考えれば4月前後から初めて10月です。

実に半年以上の執念が実を結んだ形でしょう。

ここまで来てDNA鑑定で一致しているのですからどう考えても竹森幸三容疑者は怪しすぎです。

竹森幸三容疑者自身も覚えていない、というどうともとれる供述をしているので後はどこまで取り調べで論理的に追い詰めていけるかだと思います。

また詳細が出て来ましたらお伝えします。

 

 

兵庫県加西市の死体遺棄事件の関口羊佑容疑者の勤務先判明

 

竹森幸三容疑者の犯行現場(追記)

竹森幸三容疑者が事件を起こしたのは広島県福山市明王台5丁目にある大石朝美さんの自宅です。

FNN
中国新聞

当時は騒然としていましたが現在は売地となっていました。
相当な事件でしたので買い手がつかないのかまだ売地のようです。

竹森幸三容疑者のFacebook(フェイスブック)アカウント(追記)

竹森幸三容疑者の名前をフェイスブック(Facebook)で検索した結果1件だけ該当しました。

中身をチェックしたところ名前のみの登録で、プロフィールに関する記載は全くありませんでした。名前的に同性代に近い方のものかもしれませんが、断定できるものはなく特定には至りませんでした。

こちらに関しては引き続き調査を調査していきます。

竹森幸三容疑者のプロフィール

竹森幸三容疑者のプロフィールです。

名前:竹森幸三(たけもりこうぞう)
住所:広島県福山市西新涯町1丁目
職業:無職(当時は造園業)
年齢:67歳(犯行当時は46歳)
容疑:殺人

 

 

兵庫県加西市の死体遺棄事件の関口羊佑容疑者の勤務先判明

 

竹森幸三容疑者がついに供述(追記)

竹森幸三容疑者の供述(追記)
逮捕以来「記憶にない」と供述していた竹森幸三容疑者ですが、最近では「現場に行き、女性の腹部を刺した」「殺すつもりはなかった」の趣旨の供述を始めています。
被害女性との面識はなく「お金があるのではないかと思った」「配達員を装って女性宅に入った」と話しています。
発見時、玄関は施錠されておらず、付近に印鑑が落ちていたのでこの証言は符合するものです。

竹森幸三容疑者が広島県福山市王名代5丁目の主婦大石朝美さん殺害についてついに供述を始めました。

20年越し、警察の執念の賜物です。ご遺族の留飲もいくばくか下がるでしょう。

宅配業者を装って玄関を開けさせたって典型的手法だけど、20年前より今の方が格段にあるシチュエーションよね
本当に気を付けて開けないといけないわ
ある種の警鐘ね

ニュース・教養
シェアする
No action, No life.

コメント

タイトルとURLをコピーしました