行動しなきゃ生きてけないよ!

らせんの迷宮のドラマのロケ地や撮影場所はどこ?相関図や脚本についても調べてみた

2020/02/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

 

この記事では「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」のドラマについて

 

  • 「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」のドラマの相関図やキャストについて
  • 「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」のドラマのロケ地や撮影場所はどこ?
  • 「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」のドラマの脚本は誰が書いている?

 

をお伝えします。

 

このドラマは、田中圭さんゴールデン帯初主演です。


さらに、安田顕と初共演します。


天才科学者&熱血刑事で難事件に挑むドラマとなっております。

 

さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」のドラマの相関図やキャストについて

田中圭(神保仁 役)

生年月日 1984年7月10日

出生地 東京都

身長 178 cm

血液型 O型

職業 俳優・タレント

ジャンル テレビドラマ・映画

活動期間 2000年 –

配偶者 さくら(2011年 – )

事務所 トライストーン・エンタテイメント

田中圭さん演じる神保仁は、聖ヘリックス大学・医学部・細胞医療学科・ゲノム解析学研究室・准教授です。


DNAの専門家であり、30億ある配列をすべて記憶している天才です。

 

そして、奇行が目立つ変人学者でもあります。

 

なんとなく、最近のゴールデンの田中圭さんと同じイメージですね。

 

この「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」のドラマでもバラエティー番組を彷彿とさせる奇行が出てきますでしょうか。

 

はてさて放送がとても楽しみです。

 

次はあなたの番です。

 

でも、いろいろと推理することをされていましたが、今回も同じような感じに演じるのでしょうか。

 

もしくはすでにそのあたりはご本人もご承知のはずですので、ちょっとシリアスな、真剣な、そんな感じに演じてこられるのでしょうか。

 

以下、ご本人のコメントです。

 

台本を読んでワクワクしましたし、これから安田さんをはじめ共演者の皆さまと一緒に、新しいモノを作っていければいいなと思います。

 

金曜20時なので、みんなが楽しくみられるけど、気付いたら集中して夕飯を食べ忘れた…みたいな、のめり込める作品になればいいなと思います。

 

みんなで頑張っていきます。


自分の役も特徴的で、今まで普通が持ち味の役ばかりやってきたので、最初は戸惑ったり照れたりするだろうと思いますが、自分なりの神保准教授を生きられればいいなと思います。


皆さま楽しみにしていてください。

 

そして、毎週一緒に事件を解決していってください。

 

宜しくお願いします。

安田顕(安堂源次 役)

生年月日 1973年12月8日

出生地 北海道室蘭市

身長 174 cm

血液型 A型

職業 俳優・タレント

ジャンル 映画・テレビドラマ・バラエティ番組・舞台

活動期間 1993年 –

配偶者 既婚

著名な家族 安田史生(兄)

事務所 CREATIVE OFFICE CUE

安田顕さん演じる安堂源次は、警視庁・捜査一課・七係の主任さんであり、警部補です。

 

犯罪を心から憎み、捜査には経験と勘が一番だと思っている熱血刑事です。

 

はい。

 

鼻から牛乳の人です。

 

詳しくは水曜どうでしょうをご覧ください。

 

こういう熱血刑事役が多いイメージですね。

 

以下、ご本人のコメントです。

 

刑事役は、いつもワクワクします。

 

安堂という役を現場で楽しみながら、人間味あるよう演じていけたらと思います。


田中圭さんとご一緒するのは初めてですが、とても嬉しく、光栄です。

 

これまた今から楽しみで仕方ありません。


ご覧くださる方々に、楽しんでいただけるドラマをキャスト、スタッフの皆さまと作り上げていけるよう、頑張ります。

この二人がタッグを組んで今後、難事件を解決してくのでしょうね。

 

とても楽しみです。

 

早く放送が開始してほしいですね。

スポンサーリンク

「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」のドラマのロケ地や撮影場所はどこ?

まだこれからみたいですね。

 

ロケ地は関東近郊でしょうか。

 

駐在刑事は地方に行かれているのでもしかしたらこちらもそうかもしれませんね。

 

撮影場所としてはスタジオもあるでしょうね。

 

また情報が出てきましたらお伝えします。

スポンサーリンク

「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」のドラマの脚本は誰が書いている?

ドラマの脚本は、

  1. 黒岩勉
  2. 酒井雅秋
  3. 福田哲平

 

のお三方が担当されるみたいです。

 

各話ごとに違うのでしょうか。

 

とても楽しみです。

黒岩勉

生年月日 1973年7月19日

出身地 埼玉県

学歴 青山学院大学経営学部

代表作 『謎解きはディナーのあとで』
    『ストロベリーナイト』
    『ようこそ、わが家へ』
    『僕のヤバイ妻』
    『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』
    『メゾン・ド・ポリス』
    『グランメゾン東京』

受賞歴 2008年フジテレビヤングシナリオ大賞 佳作
    2017年第3回ASIA RAINBOW TV AWARDS最優秀脚本賞
        第5回市川森一脚本賞を受賞。

酒井雅秋

生年月日 1975年9月20日

出身地 東京都

学歴 日本大学藝術学部映画学科

代表作 『任侠ヘルパー』
    『東京DOGS』
    『相棒 Season 11』
    『二夜連続SPドラマ積木くずし 最終章』

所属事務所 エム・エーフィールド

福田哲平

学歴 日本大学芸術学部映画学科中退

趣味 映画鑑賞、読書、合気道(3段)、スポーツジム通い

代表作 『インハンド』

受賞歴 2014 MPA/DHUフィルムワークショップ開催
        映画シノプシスコンテスト 最終選考

所属事務所 エム・エーフィールド

スポンサーリンク

まとめ

 

この記事では「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」のドラマについて

 

  • 「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」のドラマの相関図やキャストについて
  • 「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」のドラマのロケ地や撮影場所はどこ?
  • 「らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜」のドラマの脚本は誰が書いている?

 

をお伝えしました。

 

まだまだ情報はこれからですね。

 

情報が入り次第どんどん追加していきますね。

この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

Copyright© No action, No life. , 2020 All Rights Reserved.