行動しなきゃ生きてけないよ!

中川家のお兄ちゃん(剛)の顔色大丈夫?右唇は口唇口蓋裂なのかも調べてみた

2020/02/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

この記事では中川家のお兄ちゃんである剛さんについてお伝えします。

 

最近ちょっと調子が悪そうですよね。

 

その、顔色がちょっと。

 

そう感じてこの記事に来られたあなた。

 

この記事では中川家剛さんの顔色が大丈夫なのか?

 

そして、右唇の傷はいつついたのか?

 

もしかして喧嘩でついたのか、それとも生まれつきなのかについて調べましたのでお伝えします。

スポンサーリンク

中川家のお兄ちゃん剛さんのプロフィール

中川 剛さん、ニックネームはお兄ちゃんです。

テレビでもよくお兄ちゃんと言われていますよね。

大阪府守口市出身で1970年12月4日生まれの血液型はB型です。

身長はちょっと小柄な157.8cm。

大阪弁を駆使して弟の礼二さんと漫才をされております。

最終学歴は大阪府立守口東高等学校で、吉本に入ったのはNSC大阪校11期として入った縁からです。

芸風は、漫才、コントなど多才で今のかまいたちさんと似た感じですよね。

立ち位置は左でボケを担当されています。

中側家のお兄ちゃんのプロフィールですが、最近は弟の礼二さんがM-1の審査員をされていたりもしますが、一緒に漫才をしているところをあまり見ません。

 

若干テレビ露出を抑えているように感じるのは気のせいでしょうか。

スポンサーリンク

中川家のお兄ちゃん剛さんの顔色が悪いが大丈夫か?

まず、画像を拝見頂きましたが、やはりちょっと悪い感じですよね。

 

元々、中川家剛さんは2003年に急性膵炎で入院されております。

 

その後、2010年、2011年、2013年にも膵炎再発のため、休養されています。

 

このあたりから今まで7年ほど、大きな休養はないかと思いますが、やはり再発の可能性があるのでしょうか。

 

急性膵炎は、再発の可能性も高いですし、慢性膵炎に移行しやすいともいろいろな情報サイトで記載されております。

 

なるべくならあの独特な漫才、コント、小芝居は中川家のお家芸ともいえるものです。

 

もしも今の顔色の悪さが膵臓に関わるところであるならば、きっちりと治して頂きたいと願ってやみません。

 

詳細をお調べしましたがやはり顔色が悪い原因はどこでも言及はされておらず、詳細はまだわからない状況です。

 

また詳細が分かりましたらこの記事でお伝えしますね。

スポンサーリンク

中川家のお兄ちゃん剛さんの右唇の切り傷はいつついたの?

上のツイッターの画像をクリックして拡大してもらうとわかりますが、右唇(向かって左側の唇)にうっすらと切り傷の跡が残っています。

 

これはいつついたものなのでしょうか?

 

過去にさかのぼっていきましょう。

どうにもTwitterで調べますと2016年の段階ではまだうっすらと傷が確認できております。

 

そうなるとここ最近の傷ではなさそうですのでやはり喧嘩でついたような傷というよりは生まれつきのものである可能性が高いかと思います。

 

そう考えると候補として出てくるのが「口唇口蓋裂」です。

 

生まれたときに上顎がくっつかず割れた状態で生まれてきた際にたまに見かけられる症状のようです。


生まれて間もないうちに手術をするため、その傷がどうしても残るんだとか。

 

もしかしたら前述の顔色の悪さの原因にもなり得るかなと考えながら調べていましたが、生まれつきである可能性が高いのでちょっとほっとしました。

 

また何かどこかで情報が出てきましたらこの記事でお伝えしますね。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では中川家のお兄ちゃんである剛さんの顔色が大丈夫なのか?

 

そして、右唇の傷はいつついたのか?

 

もしかして喧嘩でついたのか、それとも生まれつきなのかについてお伝えしました。

 

残念ながらまだ顔色の悪さも右唇の傷も結論は出ませんでした。

 

これからも中川家の漫才もコントも見ていきたいですので、何か大ごとになったりしなければありがたいですね。

 

これからもご活躍を期待しております。

この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

Copyright© No action, No life. , 2020 All Rights Reserved.