行動しなきゃ生きてけないよ!

ネプチューン名倉潤が休養!うつ病になった理由や復帰の時期がいつか調べてみた!

2019/08/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

お笑いコンビであるネプチューンの名倉潤さんが8月1日から休養に入ることになりました。

 

その理由はうつ病になったためであるとのことです。

 

この記事ではネプチューンの名倉潤さんがなぜうつ病になったのか、その理由と復帰の時期がいつになるのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

名倉潤さんのプロフィール

名倉潤のプロフィール
本名 名倉 潤

ニックネーム 潤ちゃん、リーダー

生年月日 1968年11月4日(50歳)

出身地 兵庫県姫路市

血液型 AB型

身長 170cm

言語 日本語

方言 播州弁

トリオ名 ネプチューン

相方 原田泰造・堀内健

芸風 コント

立ち位置 真ん中

事務所 ワタナベエンターテインメント

活動時期 1986年 –

同期 雨上がり決死隊、極楽とんぼなど

配偶者 渡辺満里奈

ぜひとも早期での復活をと思うばかりです。

 

ですが、しっかりと直して、また元気なお顔をテレビで拝見できればと思います。

 

以下、ネプチューン三者からのコメントです。

■名倉潤コメント

日頃応援して下さっている皆様、関係者の皆様、

この度はご心配、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。

少しの間休養させて頂きます。

体調を回復させて戻って参りますので、よろしくお願い致します。

■原田泰造・堀内健コメント
この度はご心配、ご迷惑をおかけ致します。

潤ちゃんが元気に戻るまで、そして安心してゆっくり出来るように、し
ばらく2人ネプチューンで頑張ります!

番組などの関係者の皆様には、様々な面でお力添え頂く事になりますが、どうぞよろしくお願い致します。

少しの間、ということなのでしっかりと直していただきたいですが、うつ病は2か月程度で復帰できるものなのでしょうか。

 

もしかしたら無理に復帰してさらに悪化、という

ことにはらないでしょうか。

 

ちょっと心配ですね。

 

スポンサーリンク

ネプチューン名倉潤のうつ病発症の理由

 

うつ病発症のきっかけは、昨年6月にまでさかのぼります。

 

昨年の6月に名倉潤さんは頚椎椎間板ヘルニアの手術を行いました。

 

その際は術後に10日間ほど休養した後に復帰されております。

 

手術の経過は良好である一方で、手術の侵襲という普段の生活圏にはないストレスが要因でうつ病を発症し、一定期間の休養が必要という医師の診断により、再度休養することになったとのことです。

 

手術の経過が良好であればあるほど、手術の後の生体反応、痛みでしょうか?

 

が引かないことによるギャップに苦しまれた結果、脳が疲れてしまったのかもしれないですね。

侵襲 とは
侵襲とは、「病気」「怪我」だけでなく「手術」「医療処置」のような、「生体を傷つけること」すべてを指す。

なぜなら、病態であれその治療であれ、侵襲に対する生体の反応は同じであり、それを知らずして(侵襲を以て)人を治療することはできないからである。

英語では、形容詞のinvasiveとして使われるケースが多い。

スポンサーリンク

ネプチューン名倉潤の復帰の時期はいつ?

気になるのは復帰の時期がいつになるかですよね。

 

一応休養が2か月とされていますので、8月1日から9月30日までが休養期間になります。

 

10月1日がお仕事復帰の時期になります。

 

10月1日に生放送で復帰となるのであれば、と思いましたが火曜日に番組をお持ちではないようですので、それはなさそうですね。

 

となると10月1日に番組を終了して、テレビで見られるのはもう少し後、10月5日程度からでしょうか。であれば土曜日なのでジョブチューンやナニコレ珍百景などで復帰となりそうですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回はネプチューン名倉潤さんの休養についてお伝えしてきました。

 

その中でなぜうつ病になったのか、その理由と復帰の時期がいつになるかをお伝えしました。

 

ほぼ毎日どこかの番組に出られている印象のあるネプチューン名倉潤さん。

 

テレビでお見掛けできなくなるのはすごいつらいですね。

 

復帰に時間がかかるのは仕方ないですので、しっかりと直してまたテレビで元気なお顔が拝見できればと思います。

 

そして、復帰してからのさらなるご活躍を祈っております。

この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© No action, No life. , 2019 All Rights Reserved.