明神功武の顔写真特定「黒髪黒縁メガネ」強制わいせつ未遂

myoujin-isamu-face 強制わいせつ容疑

東京・文京区の女性専用のシェアハウスに侵入し、女性にわいせつな行為をしようとしたとして、明神功武(みょうじんいさむ)と他一人が逮捕されました。

こんな卑怯なことをする明神巧(みょうじんたくみ)容疑者とはどんな顔をしているのか顔画像でも見てみたいものです。

この記事では明神いさむ容疑者の顔写真が特定できましたのでお伝えしていきます。

明神功武容疑者の顔写真特定「逮捕時は黒髪黒縁メガネ」

明神功武容疑者は真っ黒な髪に太い黒縁の眼鏡をかけています。

myoujin-isamu-face
myoujin-isamu-face-2
myoujin-isamu-face-3

マスクを着けているのでよく表情はわかりませんが、明神功武容疑者は歌手の高橋優さんにどことなく似ています。

おそらくマスクを外してもイケメンなのではないでしょうか。

なぜこんなことをしてしまったのでしょうか。

takahashi-yu-face
takahashi-yu-face-mask

明神巧容疑者の顔写真特定「殺人未遂の可能性も」

今回の強制わいせつ未遂容疑の概要は、以下の通りです。

  • 2021年4月に明神功武容疑者他一人は遊ぶために大阪から東京へ上京してきた
  • 東京都文京区で帰宅途中の30代女性を見つけると玄関まで後をつけた(2人が女性のあとをつける様子が防犯カメラに写っていた)
  • 女性が玄関を開けた瞬間、肩をつかんで押し入り「叫んだら〇〇〇」と脅した
  • しかし女性が叫んだことによって明神功武容疑者他一人は逃走した(犯行後、走って逃げる姿が防犯カメラに写っていた)
  • 明神功武容疑者他一人は、その日にうちに大阪へと新幹線で逃走した

この一連の流れの中で「叫んだら〇〇〇」が本当であるならば殺人未遂です。強制わいせつの結果関係なくもしも殺人の意思があるならば、強制わいせつ未遂と殺人未遂です。

凶悪なものに変わってしまいます。今後も目が離せないニュースです。

更にはこれだけイケメンならわざわざこんなことしなくてもよかったのではないかと思わずにはいられません。

明神いさむ容疑者の顔写真特定「10年前はマーチングバンド部で黒一点」

myoujin-isamu-young

2011年当時に13歳です。今、明神功武が23歳なので年齢的には一致します。

こちらが若い頃の明神功武であると思われます。

「黒一点」響きに溶けこむ マーチング四国出場の佐川中


 隊列の最後尾でバスドラムをたたく明神功武(いさむ)君(13)は、周囲より頭一つ分以上背が高い。
身長179センチと長身のうえ、残りの部員は全員女の子。高知県佐川町立佐川中学の吹奏楽部35人の「黒一点」だ。

 この4月の入学直後、バスケットボール部から勧誘を受けたが、興味が持てなかった。仲のいい同級生が入った卓球部は入部も考えた。
でも、小学校で打楽器を演奏したときの楽しさを覚えていた。「今度は自分で曲を演奏できたらかっこいいだろうな」と、吹奏楽部に決めた。

    ♪

 しかし、部が開く歓迎演奏会を見て驚いた。えー? 女子しかいない……。

 一緒に部を見学した男子の同級生もいたが、結局入部したのは明神君だけだった。心細く、自己紹介は緊張して、
名前と学年、「頑張ります」と言うのがやっと。続けるべきかどうか迷った。母・夫佐(ふさ)さん(43)に相談したら、
「大変かもしれんけど、音楽はみんなで演奏したら楽しいよ。続けるだけのかいがあるよ」と言われ、踏みとどまった。

 休日の練習では、昼に女子が弁当を食べている輪に加わるのが、気まずかった。同級生の東仲南津(なつ)さん(13)は
「私たちは気にせずに話しかけていたから、困ったことはなかったんだけど」と言う。3年で部長の徳弘愛未里(えみり)さん(15)は「会話に入れているかな」と心配していた。

 5月中旬、保護者に練習の成果を披露する演奏会があった。当時トランペットだった明神君は、
緊張のあまり、うまく音が出せなかった。すらすら演奏する同級生もいるなかで、恥ずかしかった。

出典:朝日新聞

信じられない。こんな卑怯なことをする奴だとは思わなかった。被害者の方のことを考えると胸が痛い。
当時そんなそぶりはなかったけど、あの時からそういう目で私たちのこと見てたのかしら

みょうじんいさむ容疑者の顔写真特定「3年前は県展ポスターコンペで見事当選」

myoujin-isamu-ryoma-gakuen
myoujin-isamu-face-4

国際デザイン・ビューティカレッジ/グラフィックデザイン科
グラフィックデザイン科学生作品、県展ポスターデザインコンペで県展ポスターに採用!
第72回県展のポスターデザインコンペにおいて、審査がおこなわれ、国際デザイン・ビューティカレッジ、グラフィックデザイン科2年生の明神功武くん(高知丸の内高校出身)の作品がみごと選ばれました。
おめでとうございます。
5月16日(木)の高知新聞朝刊にも掲載されました。
友達の顔写真の瞳の中で県展8部門をイメージした色の線が交差するデザイン!
これまでになかった具像的なモチーフや県展8部門を目に焼き付けるという意味合いが評価されました。
学校の授業で制作に取り組み、短い時間で力強いポスターデザインに仕上げました。
ポスターは、6月中に完成し、県内各所に配布されるようです。

出典:龍馬学園

2018年5月の段階で専門学校の二年生ということは20歳の年です。2011年で13歳ならば十分同一人物の可能性が高いです。こちらも明神功武容疑者本人ではないでしょうか。

 

明神功武容疑者の顔写真特定「プロフィール」

名前:明神功武(みょうじんいさむ)
住所:大阪府大阪市
経歴:高知県佐川町立佐川中学
   高知県立高知丸の内高校
   龍馬学園 国際デザイン・ビューティカレッジ/グラフィックデザイン科
容疑:強制わいせつ未遂

タイトルとURLをコピーしました