行動しなきゃ生きてけないよ!

モトカレマニアのドラマの原作がヤバい!放送日がいつからかについても調べてみた!

2019/08/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
歴史とデジタルガジェットが大好き民。 登場キャラクターに歴史上の人物がいればゲームも手当たり次第にプレイしてしまう。 ブログ作成のお供はpomera DM200。DM30もちょっとほしいと思ってる。 鞄についているマグネットフックが天敵。

2019年10月期放送開始が決まった『モトカレマニア』、新木優子さん、高良健吾さん主演で制作されることを先日記事にしました。

 

調べてみますと原作もまだ完結しておらず相当面白いようで、大変期待が高まります。

 

今回は『モトカレマニア』の原作の内容と、待ち遠しい放送日がいつからか調べてみました。

スポンサーリンク

 

『モトカレマニア』のドラマの原作は?

 

『モトカレマニア』のドラマの原作は、講談社の月刊誌『Kiss』で連載されている『モトカレマニア』(ドラマ表記と一緒)で、原作者は売れっ子漫画家である瀧波ユカリさんです

 

瀧波ユカリさんと言えば2014年の冬の四季賞を受賞し月刊アフタヌーンで連載された『臨死!!江古田ちゃん』の作者でもあります。

 

瀧波ユカリさんは独自の社会風刺や自虐をネタにされるのに定評があり、それは『モトカレマニア』の方でも生かされているようです。

 

一時期SNSで話題になった、『ハラミ会』ハラスメントを未然に防ぐ会の略…(酒の席でうっかりセクハラをしてしまうことを恐れた男たちが会員で女性とは飲まないという主義の男性たちのこと)というのもこ『モトカレマニア』で初登場したワードです。 

※『ハラミ会』は『モトカレマニア』に出てくる造語なだけです。

 

MKM(モトカレマニア)もこの作品で出てくる造語で、瀧波ユカリさんは封じをもじって言葉のひねりるのが大変お上手なようです。

 

また『モトカレマニア』の主人公の名前が難波ユリカなのですが、原作者瀧波ユカリさんと名前が似ています

 

なんでも主人公難波ユリカは原作者瀧波ユカリさんがモデルであるとか。

 

主人公ユリカはモトカレマコチを美化し、男性とお付き合いするにもことあるごとにマコチを思い出し妄想に耽ってしまう…というキャラクターなのですが、瀧波ユカリさん自身、忘れられないモトカレがいらっしゃるのかもしれませんね。

 

原作では、主人公ユリカが転職先でマコチと再会し、運命だ!となりましたが当のマコチは「昔のバイト仲間」としか答えないシーンがあります。

 

すごくすごく好きで、素敵なモトカレが、フラッと再会したらあまりにもつれなかったという経験があったのかも?

 

元恋人にそれをされると非常につらいのと、かえって忘れられない強烈な記憶になってしまいますよね。

 

そういう心理を絶妙に突いたお話が、妄想には共感できなくても、ああ…あるある…とどんどん引き込まれていくお話になるんだと思います。

 

連載中の原作は現在単行本3巻に突入し、本誌のほうではユリカとマコチの同居人さくらとの攻防が始まっています。

 

同居人さくらとマコチとは『ソフレ』の仲。

 

ソフレとは肉体関係はないが、添い寝をする間柄の男女だそうです。

 

そんなの成立するの?と思うところですが、作中でユリカは『添い寝、安心しました』と大人の対応で返しますが、心には大きなダメージを受けてしまいます。

 

同居しておいてソフレって?という感想と、周囲は肉体関係なしとは見ないと思うけどそのままずるずる同居してるマコチってホントに理想のモトカレなの?という展開。

 

この辺をドラマではどうかっこよく高良健吾さんが演じ切るのか大変興味を引くところです。

 

スポンサーリンク

『モトカレマニア』の放送日はいつから?

 

 

『モトカレマニア』は2019年10月期のフジテレビ木曜劇場枠で放送されます。

 

ですので、10月3日か10日あたりに初回が始まるのではないかと予想しています。

 

主演の新木優子さんも、Amebaブログを開設され、主人公のユリカについて記事になさっています。

 

まだキャストの発表などすべてされてはいませんが放送までに少しずつ情報や、キャストへの解釈などがアップされるのではないかと思います。

 

水曜日や金曜日でしたら、ノー残業デーで早く帰れる可能性もありますが、木曜日ですのでお仕事が遅い方はきちっと録画してみるようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

巻数をみるとまだ3巻しか発行されておらず、完結どころかこれからどんどん登場人物が増えて、ユリカとマコチがどうなるかもわからない『モトカレマニア』原作。

 

それ故に予想がつかず、単純にモトカレとくっつくお話ではないと思います。

 

ドラマはどうお話が動くのか、脚本家さんの腕の見せ所に期待が高まります。

 

10月が待ち遠しいですが、楽しみにして待ちましょうね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
歴史とデジタルガジェットが大好き民。 登場キャラクターに歴史上の人物がいればゲームも手当たり次第にプレイしてしまう。 ブログ作成のお供はpomera DM200。DM30もちょっとほしいと思ってる。 鞄についているマグネットフックが天敵。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© No action, No life. , 2019 All Rights Reserved.