行動しなきゃ生きてけないよ!

トミーズ雅の復帰いつ?大腸がん早期発見なぜ?ドクターXのいる病院どこ?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

関西で絶大な人気を誇るトミーズ雅さんですが大腸がんを患っていたとのことです。

 

番組への復帰はいつになるのでしょうか。

 

今回はなぜ早期発見することが可能だったのでしょうか。

 

手術をされたのはドクターXとのことですがどこの病院でされたのでしょうか。

 

疑問はたくさんです。

 

それでは、順番にお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

トミーズ雅さんの復帰はいつ?

実際の所、トミーズ雅さんの復帰はいつになるのでしょうか。

 

ファンとしてはトミーズ雅さんの病状も気になりますが、復帰がいつになるのかも気になる所です。

 

まず3/21現在ですが、トミーズ雅さんは現在入院しております。

 

リハビリや回復を待っておられ、3月中は入院をしておくとの方針のようです。

 

そう考えると5月から6月くらいでの復帰の可能性が高そうです。

 

ご本人曰く、4月から退院しても治療に専念する方向性だという事ですので、退院後、即現場復帰というのはきっと難しいと思います。

 

更に今回の場合、奥様の懇願が早期発見のキーとなっておりましたので、きっと奥様からのゴーが出るまでは現場への復帰はされないのではないでしょうか。

 

と考えると、奥様自身、早期発見されるほどに慎重なお方です。

 

しっかりと復調されていることが確信もてるまではきっと療養に専念するようにまたトミーズ雅さんに懇願されることが想定されます。

 

そう考えた場合に、近年のがん治療がかなり進化しており、手術後にすぐに退院して仕事に復帰するという芸能人も多数いる中でもきちんと通院して万全の体制になってからの復帰をされるのではないでしょうか。

 

関西の方は特に、週末は毎週トミーズ雅さんの番組で生活のリズムを作られているかたも多数いるのではないでしょうか。

 

そういう方々からすると復帰を待ちきれない事でしょうね。

スポンサーリンク

トミーズ雅さんの大腸がんはなぜ早期発見できたのか?

今回の早期発見は偶然だったとのことです。

 

きっかけは、毎年恒例にしているプロ野球の沖縄キャンプでのひと時です。

 

取材中の2月10日に血便が出たとのことです。

 

同行していた奥様を心配させまいと、便器を奇麗に拭き取ったつもりがわずかに血痕が残っており、それを見た奥様が

 

「病院に行って」

 

と懇願されたとのこと。

 

それが今回の発見につながりました。

 

実際の確認は、大阪に戻った後の2月25日に内視鏡検査を受けられ、大腸に腫瘍が見つかったみたいです。

 

今回のキーはただの、といってもまあまあ大ごとではありますが、血便が出たということに対しておそらく奥様は何かしら腸へのがんを疑われたのではないでしょうか。

 

きっと普段からトミーズ雅さんの容体を気にかけ、年齢を考えるとそろそろそういう病状が出てきてもおかしくないと考えていらっしゃったからこそ気づくことが出来たのだと思います。

 

冒頭では偶然と書きましたが、奥様からすればきっと今回の早期発見は必然だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

トミーズ雅さんの大腸がんを手術したドクターXのいる病院はどこ?

病院については公表はありません。

 

ですが、ニュースでは検査は大阪に戻ってからされたとのことなので「大阪市内の病院」ということは確かなのではないでしょうか。

 

退院後の通院、リハビリといったところを考えるとトミーズ雅さんの拠点でもある大阪市内の病院であれば闘病生活も楽になります。

 

おそらく大阪市内であることには間違いはないと思います。

 

ざっと手術支援ロボット『ダヴィンチ』を使用可能な大阪市内の病院を確認しましたところ

 

  • 大阪赤十字病院(〒543-8555 大阪市天王寺区筆ケ崎町5−30)
  • 大阪市立総合医療センター(〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-13-22)

 

このあたりの病院が候補にはなってきそうです。

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、トミーズ雅さんの大腸がんについてをお伝えしました。

 

復帰時期はまだまだこれから決定していくようですが、5月から6月くらいになるのではないでしょうか。

 

早期発見のきっかけは奥様の一言だったそうです。

 

手術した病院は公表はありませんが、大阪に戻ってから検査をされたとのことですので、お住いのある大阪市内の病院ではないかと思われます。

 

一日も早い復帰が望まれつつもまずはしっかりと治して頂き、またメディアで元気な姿が見れるよう期待しております。

この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

Copyright© No action, No life. , 2020 All Rights Reserved.