甲府放火事件の犯人はストーカーか「姉に捨てられた男の末路」

ニュース・教養

甲府市蓬沢1丁目で井上盛司(いのうえせいじ)さん方がで放火殺人を行った甲府放火事件の犯人はなんとストーカーである可能性があるとのことが分かりました。

現在、取り調べが進んでいるとのことですが、この記事ではこのストーカーである可能性のある犯人と姉との関係について詳しくお伝えします。

甲府放火事件の犯人はストーカー(追記)

甲府放火事件の犯人はストーカーである説が強い状況です。

この事件の発端は、まず19歳の犯人が甲府市蓬沢1丁目で井上盛司(いのうえせいじ)さんの自宅にすでに不法侵入している状況です。

既に不法侵入をしており、おそらく近所の住人が気づいたのでしょう。言い合いとなっている所を井上盛司の次女が気づき、二階から降りてきた所、この19歳の犯人と鉢合わせをしております。

なぜそうなったのでしょうか。それは、長女がこの犯人を目撃した際にすべてが理解できました。この長女は犯人のことを知っているのです。

近所の方の証言
ああ、上の娘よね。ちょくちょく男の人と一緒にいるのは見るわよ。微笑ましかったわ。
近所の方の証言
そりゃあ、ね、上の子が言い合っている所も見ることはありますよ。そりゃ。

19歳の犯人とお姉ちゃんは同じ定時制の高校に通っていました。長女さんのことを考えれば、そりゃ変なことしてくるこの犯人に付きまとわれればうっとおしい所もあったでしょう。(追記)

まさか今回こんな形で家に侵入され、次女が刺され、自宅を放火された結果、両親を亡くすことになるなんて。

近所の方の証言
えええ。井上さん逃げ遅れたの?二人の娘が不憫ね。

犯人としては、よりを戻せないのならもうリセットさせてしまえ、ということで家に侵入して最後の夜這いをし、自宅を放火して一緒に死のうとされたのでしょう。

そう考えて侵入を図ったら近所の人に見られた結果、放火して、長女さんを殺そうとはかったが、妹さんの機転で娘さん二人は逃げきれてしまってます。

後でそれを確認して観念したかの様に出頭されたのでしょう。

甲府放火事件の犯人の目撃情報

既に掲示板等でも話は出ておりますがこの二人は顔見知りです。

そして、過去には近所の住民にも見かけられているとのことでした。

何年前だったかな。この火事のあった所のお嬢ちゃん。長女ちゃんの方かな。高校生の雰囲気だったけど、男の子と一緒にいててなんか口論していたよ。
男の方が長女ちゃんに追いすがっていろいろと命令していたな。

あの子がそうなのかわからんけど、今回、もう火をつける準備もした上で住居にも侵入していたんでしょ?

これ、もうどう考えてもストーカーだわ



既に何かしら、今回の件を意識したトラブルがあったのでしょう。今回の19歳の犯人はどう考えてもちょっと普通の強盗と考えてもおかしいですよね。

甲府放火事件の犯人であるストーカーはただの強盗ではない

今回の甲府放火事件の犯人は出頭した際には泣きながら公開をにおわせながら犯行を行ったことを供述したようですが、ちょっとおかしい点が多いです。

やはり殺人を目的とした感じだったのではないでしょうか。

知り合いの警察官の証言
この19歳の犯人、ちょっとやべぇよ。やべぇ。
だって、だってよ?強盗が目的で入ったならばさ、捕まらなければまた次のチャンスがあるわけよ。
そう考えたらどう?今回、住居侵入時に近所の住人に見つかって口論になってんじゃん。
なら、強盗目的ならその時点で逃げるんじゃね?
更にさ、更によ?
二階から女の子が下りてきて顔見られている訳じゃん。
なら、この時点でまた引き下がるチャンスがあるわけじゃん。
まだなんとかなるって。そこでよ。
この犯人がやったことってその女の子追いかけまわして包丁で切りつけたんでしょ?
普通じゃないよ。
さらに、その時点で放火、しかも一気に火が回る様にガソリンか灯油を使って一気に燃え上がらせたでしょ。
これ、普通の強盗じゃないよ。

知り合いの警察管の見立てではこれは、突発的な強盗では一切ないとのこと。

怨恨が入っている可能性が高いとのことです。

そうなってくるとやはりこの犯人はストーカーとして、長女ちゃんを殺す為にこういった犯行を計画して行ったのでしょうね。

 

 

甲府放火事件の場所は甲府市蓬沢1丁目

朝日新聞より

この画像や動画から場所の特定をしました。被害者である甲府市蓬沢1丁目にある井上盛司さんのお宅です。普通に暮らしている、一般的なおうちです。

まさか幸せな家族団らんの時に他人が押し入って、家族を傷つけ火をつけるなど自分の身に起こるとは思わなかったでしょう。こんなものは、放火ではないものの世田谷一家殺害事件レベルの話です。

駐車場らしきものの奥の濃いめのベージュの色が井上さんのお宅です。

密集した住宅街で他に燃え移ってさらに犠牲が出てもおかしくない立地です。犯人の罪は重いでしょう。住人の方々は恐怖と共に強い怒りを覚えています。

引き続き調査しわかり次第追記していきます。

 

甲府市放火事件で井上さん夫婦が焼死体となっていた理由が判明

甲府市放火事件の犯人に追われて二階のベランダから逃げる様に外に飛び出したという井上さんの娘さんの長女と次女の二人はこの後の放火時には外にいた為、何を逃れることが出来ました。

では、その騒動があった際に井上さん夫婦はなぜ逃げることが出来なかったのでしょうか。

その理由が判明しました。そして、最悪のケースです。

この甲府市放火事件の犯人がおそらく二人の寝こみを襲い、身体にナイフを刺した為、逃げることが出来なかったようです。

調査を行った結果、警察の方から二遺体にはそれぞれナイフのようなものが刺された跡があるとのことでした。

徐々に事件の全貌が明らかになってきています。また引き続き情報が入りましたらお伝えします。

ニュース・教養
シェアする
No action, No life.
タイトルとURLをコピーしました