行動しなきゃ生きてけないよ!

緊急取調室(3rd Season)#8話のあらすじをネタバレ紹介!

2019/07/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

もう少しで最終回となる緊急取調室(3rd Season)です。

 

情報が入り次第、こちらにアップしていきますね。

 

スポンサーリンク

 

緊急取調室(3rd Season)#8話のあらすじ

 

もう少しお待ち下さい。

 

 

スポンサーリンク

緊急取調室(3rd Season)#8話のネタバレ

 

8話のネタバレを見る
2019年6月6日21:00から放送です。ご期待ください!

 

スポンサーリンク

緊急取調室(3rd Season)#7話、#6話、#5話、#4話、#3話、#2話、#1話のあらすじ

 

#7話は大久保佳代子さんふんする宝石販売会社の敏腕社長・伴佐知恵が別れた夫・坂本彰夫(尾崎右宗)を殺したと自首してくるところから始まります。

 

物的証拠、動機もあってこのまま終わるのかと思いきや、そこから矛盾がいろいろと出てきて、すんなりとは終わらないようです。

 

検察、という存在を知らなければこのまま事件は無理やりにでも起訴して終了。

 

となりそうですが、警察が事件を捜査した後は検察の方できちんと事実確認がなされ、本当に事件の犯人であれば、そのご書類送検、起訴で有罪、無罪が決まりますよね。

 

今回の場合もそういった経緯もあることからきちんと捜査を行っていくことになりそうですね。

緊急取調室(3rd Season)#7話
宝石販売会社の敏腕社長・伴佐知恵(大久保佳代子)が、別れた夫・坂本彰夫(尾崎右宗)を殺したと自首してきた。

しかも、佐知恵は証拠として、遺体のインスタント写真まで持参。

さらに、取り調べを担当することになった真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に対し、神妙な面持ちで「悪いことをした以上、罪を償わなければ幸せになれないと思いました」と打ち明ける。

というのも、佐知恵は23歳も年下のイケメン販売員・若杉純(稲葉友)と再婚する予定なのだという。

しかも、若杉は殺人を犯したと知ってもなお、彼女のことを待つと誓ったというではないか!

罪を償う覚悟を決めた佐知恵は、取り調べでも素直に供述。

事件の経緯についても、ことあるごとにお金を脅し取りに来る坂本と縁を切ろうとしたところ、もみ合いになって殺してしまったと説明する。

もちろん、物証もそろっており、佐知恵の容疑は固まったも同然。

“ある理由”から焦っていた有希子は、早々に所轄の警察署へ引き渡そうとする。

ところが、キントリきっての頭脳派・小石川春夫(小日向文世)は、事件を洗い直すべきだと異を唱える。

年の差再婚も然ることながら、若杉が殺人にまで目をつぶる心理がどうも納得できないというのだ。

だが、若杉は佐知恵を愛していると断言。

そんな中、キントリ・メンバーと飲みに出かけた取調官・玉垣松夫(塚地武雅)は、こぼれた焼酎を見て、証拠写真に残された“ある矛盾”に気づく――。

公式サイトから引用

緊急取調室(3rd Season)#6話
ある夜、4歳の保育園児・西崎凛(落井実結子)が自宅から誘拐された!

母親・西崎明日香(土居志央梨)が30分の外出から帰ると、娘の姿がなかったばかりか、階段から転落したと思われる夫・康弘(向田翼)の死体を発見したという。

しかも、捜査協力を命じられた真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」は、近所の人から提供されたスマホ映像を見て愕然とする。

そこには、ウサギの着ぐるみをまとった不審者が、凛を抱きかかえて歩く姿が映っていたのだ!

さらに捜査の結果、明日香が本当は2時間外出していたことも判明する。

まもなく、交番前にひとりでいる凛を警察官が発見し、身柄を保護。

まだ幼い凛からは決定打となるような証言が得られない中、疑惑の目は嘘の証言をした明日香に注がれる。

ところがそこへ、もうひとり怪しい人物が浮かび上がる!

事件現場から、凛の担任保育士・柴田七海(倉科カナ)の指紋が検出されたのだ。

キントリ・チームは2人を重要参考人として呼び出し、事情聴取することに…。

すると七海は、明日香が不倫相手に会うため凛を保育園に預けていたと証言。母親失格だと厳しく非難し…!

そんな中、キントリ・チームはさまざまな情報をもとに、七海に対する嫌疑を深めていくことに…。

やがて、ついに七海が自供!

しかし、有希子は七海が嘘をつき、頑なに何かを隠そうとしているような気がしてならず…。

公式サイトから引用

緊急取調室(3rd Season)#5話
平凡な専業主婦である姑・山下昌子(真野響子)に頼まれ、夕食のスープに使うカボチャを買いに出かけた嫁・彩矢(国分佐智子)が行方をくらました。

日付をまたいでも連絡が取れなかったため、彩矢の夫で弁護士の翔太(山崎樹範)は警察に行方不明者届を提出。

彩矢もまた大手法律事務所の弁護士ということもあって、単純な失踪事件ではないと推察した警視庁は、真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に出動を要請する。

さっそく有希子は山下家のあるマンションへ向かい、涙ながらに嫁の安否を案じる昌子から話を聞くことに…。

そんな中、大型スーツケースを運ぶコート姿の不審者が映った防犯カメラ映像を見た昌子から、重要な手がかりとなる証言が飛び出す。

なんと約1カ月前、この不審者を息子夫婦の家の前でも見たというのだ!

やがて昌子の証言により、彩矢が不倫中だったことが発覚。

さらに、コート姿の男がレンタカーにスーツケースを乗せるのを目撃した人がいたため、調査を進めると驚愕の事実が判明する。

あろうことか、車の借り主は昌子だったのだ! しかし、車の足取りは途中で途絶え、スーツケースの在り処までは突き止められず…。

その矢先、翔太が妻を殺したと自首してきた! だが有希子は、昌子こそが真犯人だと確信し、重要参考人として出頭するよう依頼するが、昌子はこれを拒否する。しかも何を思ったか、昌子は自宅で有希子と2人きりなら事情聴取に応じると言い出し…!?

公式サイトから引用

緊急取調室(3rd Season)#4話
女子高校生連続殺人事件の被疑者として、無職の男・樫村荘介(今井悠貴)が逮捕された。

その直後、捜査班は樫村の車から、2日前の夜に失踪した女子高校生・福永真希(若林薫)の携帯電話を発見。

しかも、防犯カメラで樫村の足取りを追ったところ、真希を尾行する様子が映っていた…!

過去の被害者は水や食料を与えられずに監禁され、数日後に衰弱死していたことから、真希も同じ目に遭っている可能性が高い。

その場合、類推できる状況下での生存可能時間は、残りたったの30時間…!

一刻も早く監禁場所を突き止め、救出する必要がある。大至急、樫村の口を割らせるため、取り調べは真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に一任されることに。

しかし、樫村は完全黙秘を貫き、時間だけがむなしく過ぎていく。

そんな中、有希子がふと発した一言を受け、樫村が明らかに表情を変え…!?

一秒たりとも無駄にはできない人命がかかった取り調べに、焦りを募らせる有希子たち。

だが、樫村はなかなか落ちる気配を見せない。

その矢先、被害者全員に“ある共通点”が存在することが判明!

有希子はさらなる手がかりを求め、寝たきりの祖母・澄江(鷲尾真知子)と暮らす樫村の姉・茜(松本まりか)を訪ねるが…。

茜が樫村の沈黙を破る切り札になるかもしれない――そう感じた有希子は本来のルールを破り、樫村を肉親である茜に直接会わせようと思い立つ。

しかも、後がないキントリ・チームはあろうことか、下手を打てば全員処分も避けられない“さらなる暴挙”にまで出る!

公式サイトから引用

緊急取調室(3rd Season)#3話
仮想通貨取引を意のままに操り、“5億稼ぐ女”と呼ばれるカリスマトレーダー・宝城理沙(筧美和子)が、自宅マンションで殺された。死因は頭部をアタッシュケースで強打されたことによる脳挫傷。

事件現場の状況から、金が絡んだ顔見知りによる犯行だとにらんだ捜査一課の刑事・監物大二郎(鈴木浩介)と渡辺鉄次(速水もこみち)は、さっそく同じマンションに住む第一発見者・平井かすみ(仙道敦子)を逮捕する。

というのも、かすみは理沙に仮想通貨専用の口座を開設させ、裏で自分が売買取引を実行。

そう…何を隠そう、“5億稼ぐ女”の正体は理沙ではなく、かすみだったのだ! しかも、かすみには犯行時刻のアリバイがない上に、理沙の部屋から指紋も多数検出されていた…。

ところが、いざ監物と渡辺が取り調べを始めると、かすみは犯行を全面否定。完全に行き詰まってしまったため、取り調べは真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に一任される。

しかし、かすみは他人の口座で仮想通貨取引をした詐欺行為については認めたものの、殺人については相変わらず否認を貫き…!?

そんな中、有希子らの脳裏に大きな疑問が浮かび上がる。

そもそも、かすみはなぜ理沙を自分の代わりに表舞台に立たせたのか?

そこには何か“人には言えない理由”と“別の顔”があるのではないか、と…。

その矢先、理沙が男性高齢者たちを相手に、詐欺を働いていたことが判明!

しかも、この新事実をキントリ・チームが突きつけた瞬間から、かすみは“出口の見えない黙秘”に転じてしまい…!?

公式サイトから引用

緊急取調室(3rd Season)#2話
とある旅館で、女流棋戦の最終対局が行われていた。

対戦するのは20歳の新進女流棋士・橘日名子(松井珠理奈)とベテラン女流棋士・宗形あずさ(紺野まひる)。

日名子は女性初のプロ候補として期待される逸材であり、ここで勝てば、あずさがかつて打ち立てた記録をしのぐ22連勝も達成することになる。

そのため、この対局は世間の注目度も高く、ネットで大々的に生中継されていた。

ところが対局中、とんでもない事件が起こる。解説を担当していたスポンサー・大庭広夢(合田雅吏)が、体調を崩して退席。

その後、控室で絶命しているのが見つかったのだ! 不測の事態を受け、対局は急きょ延期されることに…。

そんな中、死因は中毒死だと判明。大庭が水筒に入れて持参していたお茶に、毒キノコの粉末が混入していたことが明らかになる。

しかも、あずさの“ある証言”により、疑いの目は日名子に注がれ…!

真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」はさっそく日名子の取り調べを開始。

日名子は関与を否定するが、調べれば調べるほど容疑は深まっていく結果に…。

というのも最終対局中、日名子はあずさが長考している間に約5分退席。

しかも、このとき日名子が触れた蘭の花から、毒キノコの粉末が発見されたのだ。

だが、有希子はどうも話が出来過ぎだと、いぶかしがり…。

これぞという決め手がなく、見えそうで見えない真実。

やがてキントリ・チームは王手をかけるべく、なんと日名子とあずさを同じ日時に別室へ呼び出し、前代未聞の“二元同時取り調べ”を始める――。

公式サイトから引用

緊急取調室(3rd Season)#1話
全取り調べの完全可視化が実行される日を数カ月後に控えた警視庁では、各署の幹部を集め、被疑者への接し方を穏やかにするよう、極端な指導が行われていた。

ところが幹部たちが見学する中、「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の取調官・真壁有希子(天海祐希)は反省の色がまったく見られない被疑者を、激しい剣幕で一喝。警視庁初の女性刑事部参事官・菊池玲子(浅野温子)から、しばらく取り調べを控え、新任の教育係に専念するよう命じられてしまう。

その矢先、傷害致死・死体遺棄事件で懲役12年の判決が確定し、護送中だった受刑者・野本雄太(淵上泰史)が逃走。

主婦・藤沢さおり(市川由衣)を人質にして民家に立てこもった野本は、なぜか交渉役に玲子を指名する。

しかも、この事件は期せずして、警視庁を揺るがす事態へと発展!

なんと、たったひとりで家内に突入した玲子が、野本に対して発砲し、死なせてしまったのだ。

人質救出のためにはやむなし…との見方が世間に広がる中、キントリは事件の経緯を記録するため、玲子の取り調べを開始する。

キントリの面々が目を光らせる中、終始落ち着いた様子で応じる玲子。

殺害時の状況に関する証言もさおりのものと一致しており、職務執行法に抵触する点は見受けられない。

だが、彼女が交渉役に指名された理由はもちろん、突入から発砲までの時間の短さが、どうも引っかかる有希子たち。

しかも、玲子はどういうわけか威嚇射撃は行わず、2発も発砲して…!?

公式サイトから引用

 

スポンサーリンク

まとめ

 

緊急取調室(3rd Season)も終盤ということでこの後どうなってくるのか、息をつかせぬ展開を期待しつつも、あまりドキドキさせすぎないでいただきたいところもあります。

 

天海祐希さんの刑事ものドラマは、毎回ちょっと他の刑事ものとは違うエッセンスが入っており、面白いです。

 

今後ともご活躍頂き、緊急取調室(4th Season)も始まると良いですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© No action, No life. , 2019 All Rights Reserved.