行動しなきゃ生きてけないよ!

緊急事態宣言でネットカフェが休業で難民発生?東京都の対策はどうなっているのか調べてみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

遂に緊急事態宣言が2020年4月7日に発令されるとことです。

 

基本的に休止を要請する施設の中にはネットカフェ(ネカフェ)やカラオケなどが含まれております。

 

全国的に住所不定でネットカフェやカラオケボックスを転々と渡り歩く方々がいらっしゃる中で休業要請が出た場合、東京都では一体どうなるのか調べてみみましたのでお伝えします。

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言でネットカフェが休業で難民発生?

実際にはネットカフェで暮らされている方は何人くらいいらっしゃるのでしょうか。

どうも東京都の調べでは4000人ほどいらっしゃるらしいです。

 

この方々が一気に外に放り出される形になります。

 

4000人のうち一人か二人でも無症状で感染されている方がいれば、そこから一気に感染が広がる可能性もあります。

 

しかも緊急事態宣言自身には都市封鎖の効力はありません。

 

この4000人が自分の地元に一度戻ろうと帰られたら感染されている方がいればその方が地方に戻られて感染源となった場合、確実に東京都から新型コロナウイルスを持ち込んだことがばれてしまいます。

 

小池都知事はこういった問題に対してどのように備えられるのでしょうか。

 

結構しっかり準備されているみたいですが、そのあたり何か検討しているのでしょうか。

スポンサーリンク

緊急事態宣言でネットカフェ難民に対する東京都の対策は?

どうも小池都知事の会見の中で対策は盛り込まれているみたいです。

 

政府はどうかわかりませんが、東京都が作成されている対策案はかなり作りこまれている印象です。

ネットカフェやカラオケルームで寝泊まりされる方は基本的に何か事情がある方だと思います。

 

そう考えると体調を崩してもあまり病院にもいかれないのかな?と思ったりもします。

 

仮の住まいに入られる際にはきっと体調チェックもあるでしょうし、そこでしっかり見て頂くことでその方も健康体であるかの確認ができます。

 

そして東京都としても新型コロナウイルスを都外に流出させない対策ができます。

 

本当によく考えている仕組みだと思います。

 

現在、東京都の対策はよく出てきますが、他の6府県の対策はいかがなものでしょうか。

 

そちらも気になりますね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

この記事では、緊急事態宣言でネットカフェが休業となった場合に東京都のネカフェ難民が路頭に迷わない対策があるのかどうかについてお伝えしました。

 

なんやかんや賛否両論でておりますが、小池都知事を筆頭に東京都も何も考えていない訳ではないのが見えてきました。

 

是非とも他の6府県についてもしっかりと対策を進め、お互いでチェックしあい、この都府県だったから対策が出来ていなかった。

 

みたいなことにならない様にして頂きたいです。

 

ですが、足並みをそろえるだけではなく、しっかりと地域にあった対策も盛り込んでいって頂きたいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

Copyright© No action, No life. , 2020 All Rights Reserved.