行動しなきゃ生きてけないよ!

久本雅美の髪型まとめ!ツーブロックや刈り上げスタイルがやばい!

2019/07/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

還暦を迎えた久本雅美さんですが、相変わらず髪型が特徴的です。

 

今回は髪型につてまとめてみました。

 

髪型が変わらないからなのか、還暦というのを全然意識させませんね。

 

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

久本雅美さんの髪型は「ツーブロック」?「刈り上げ」?

 

まず、気になるのは、久本雅美さんの髪型はツーブロックなのか、刈り上げなのか。

 

まず、ツーブロックについてですが、、、

ツーブロックとは
頭頂部から耳の上ぐらいまでの髪は長めに残し、そこから下の部分はかりあげにしている髪型のこと。

長い部分の髪を下ろしているときと、束ねたり・ブローによって、かり上げ部分を露出させた時とでは大きく表情が変わる。

もう一つは、普段髪を下ろしている場合は、頭頂部からの髪の毛で刈り上げは見えない。

なお、風が吹いたり走っていたりすると、上からの髪が揺れ刈り上げがすこし見える。

Wikipedia[ツーブロック]参照

そして、刈り上げについては、、、

刈り上げとは

かりあげ(刈上げ、刈り上げ)とは、男性に多く見られる髪型のひとつ。

男性ホルモンの影響で伸びるのが早い側頭部と後頭部の頭髪を、バリカンやハサミなどで短く刈り込む髪型。

1970〜80年代において、男子学生の長髪を禁じる学校ではかりあげが校則で義務化されていることも多かった。

その影響もあり、1980年代中頃までの男子学生にとって、かりあげはテクノカットと並び最も一般的な髪型であった。

極端に短く刈り上げた部分を、上から長い髪で覆い隠すような髪型は「かぶせ」、「ツーブロック」などと呼ばれた。

最近ではツーセクションと呼ばれる形に変化している。

襟をボカした仕上がりの刈り上げは見ていて清々しいと好感を持つ人もいる一方、陰気臭い・堅物・おっさんくさい・古くさい・ヤクザっぽいと感じ、敬遠されがちゆえかロングやセミロング(いわゆる一見女性がしてもおかしくないヘアスタイル)にする男性も多く、昔のようなかりあげ・角刈りにする若い男性は希少である。

最近では、漉きばさみによる刈り込み・刈り下げで頭皮をみせない・揃えない、ネープレスと呼ばれる自然な仕上がりが人気を集めている。

Wikipedia[かりあげ]参照

 

上記の内容を踏まえますと、ベースとしては、久本雅美さんの髪型はきっとツーブロックですね。

 

角度やヘアスタイルによっては刈り上げにも見えなくもないので、ツーブロック刈り上げ、という表現が良いのかもしれません。

 

スポンサーリンク

久本雅美さんのツーブロック刈り上げを横から見てみた

 

では、さっそく久本雅美さんの髪型を見てみましょう。

 

まずは、横からの画像です。

 

なぜなのか、この髪型ってもうどこからみても、それこそ20メートルくらい遠くから見ても久本雅美さんだとわかるのが本当にすごいですね!

 

 

スポンサーリンク

久本雅美さんのツーブロック刈り上げを正面から見てみた

 

正面からだと上の髪の毛がかぶさっているのであまり分かりませんね。

 

でも、うっすらとツーブロックに見えます。

 

そして、やはりすごい個性的で印象に残る髪型です!

https://twitter.com/_HAZAMAno/status/1065135037576765440

 

スポンサーリンク

久本雅美さんの髪型の変化球編

 

こんな感じでいろいろと遊ぶこともされていますね。

 

なんでしょう。

 

先ほどまで髪型が個性的でどうたらと言いましたが、こんな形で髪型ががらっと変わってもなんとなく久本雅美さん!と分かってしまいます。

 

雰囲気からして久本雅美さん!って感じですね。

 

もしかしたらファッションのおかげでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

改めて久本雅美さんの髪型を見てみましたが、特徴的といえば特徴的ですが、一般的といえば一般的です。

 

なのに、頭に残る、印象に残る。

 

遠くからみてもきっと「あ!久本雅美さんだ!」と気づくことができます。

 

還暦を迎えてもまだまだ現役として、毎週いろいろな番組に出られている久本雅美さんのこれからの活躍に期待です。

この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© No action, No life. , 2019 All Rights Reserved.