花森弘卓の協力者判明「琉球大学時代の良きライバル」白金高輪硫酸事件

hanamori-hirotaka-collaborator 花森弘卓白銀高輪硫酸事件

花森弘卓は、2021年8月24日に白銀高輪駅にて22歳男性に硫酸を掛ける事件を起こしました。

そして花森弘卓は、公開捜査、指名手配を経て2021年8月28日に沖縄にて逮捕となりましたが、その際に沖縄で逃走生活をしていた際には協力者である友人宅にて住んでいたとのことです。

この協力者は花森弘卓が逃走していることを分かった上で自宅に招き入れたのでしょうか。それともこの協力者は花森弘卓が逃走していることが分かない状態で自宅に招き入れたのでしょうか。

花森弘卓の協力者は琉球大学時代の良きライバル

花森弘卓容疑者は沖縄県内で逮捕されました。25日に沖縄についてから身を寄せていたのは同じ琉球大学出身の「友人宅」です。

花森容疑者は2021年8月24日に白金高輪駅にて犯行を行った後、静岡駅の自宅に一度戻っています。その翌日、名古屋のセントレア空港経由で沖縄に逃走しております。

25日に報道では静岡駅から姿を消したといわれ、公開捜査で出た防犯カメラの映像では服装・風体も目立つ為、大方の予想では、「全国指名手配」も出たことで捕まるのは時間の問題だろうという見立てでした。

さらには、警察のスピード感からかなり焦っていると勘繰った方々からは「自殺」の可能性があるのではないかと考えもありました。

花森弘卓は、計画していたのではないかと思うようなスケジュール、スピード感から、一切迷うことなく沖縄の友人宅へ直行しているように考えざるを得ません。

計画的という点では、地下鉄白金高輪駅にて硫酸事件を実行した際にも花森弘卓の綿密で計画的な行動が目立ちました。

こうなってくると、協力者として、友人宅へ向かったのも計画の一部だったと思わざるをえません。

そこで気になるのが、この協力者となる「宜野湾市の友人」です。

この協力者、「宜野湾市の友人」も、花森容疑者の計画の一部であれば、それはもうこの協力者も犯行にかかわっていた可能性が高くなってきます。

実は、この協力者ですが、花森弘卓が琉球大学時代の友達であるとの情報があります。

まだこの協力者が実際に犯行に加担しているのかが判明していませんので、個人特定できるような情報は出せませんが、琉球大学時代は花森弘卓の良きライバルで切磋琢磨しあっていたとのことです。

この犯行に加担しているのかどうか、状況によって今後がとても変わってきます。

花森弘卓の指名手配があることを分かって自宅に泊まらせていた場合

花森弘卓が指名手配であるとわかっている場合は、もう完全に黒です。

この場合、「被疑者として追われている者を自宅にかくまうなどすることによって成立する犯罪」として犯人蔵匿罪に問われる可能性があります。

もうわかった上で匿うのは法律が分かっていなくても人として、お天道様に笑われてしまう行為です。こうなると協力者は共犯者になります。

花森弘卓の指名手配があることを分からず自宅に泊まらせていた場合

この場合、結論からいうと白です。さすがに指名手配されているとわからない場合、琉球大学時代の良きライバルが久しぶりに自宅に訪ねてきたのです。止めない理由はありません。

ただ、ここが曲者です。指名手配であることが分かっていてもわからないといった場合に、協力者は知っていただろとい立証することが難しくなる傾向があります。

おそらく警察もこの協力者については慎重に話を進めていると思います。

花森弘卓に脅されて自宅に泊まらせていた場合

これの場合も白ですね。

花森弘卓に追加の強要罪や脅迫罪等が追加されることになります。

報道では、一切この情報は出てきていませんので、おそらく可能性としては一番低いです。

前述の二つの可能性を今後も注視していきます。

この白金高輪駅での硫酸事件が起きた後は、無差別の通り魔であるという情報や次にもまた別の場所だ犯行に及ぶ等の情報があり、一般市民はとても恐怖したことと多います。

この協力者が25日もしくは26日の段階で通報していたらもっと早くみんなが安堵できたと考えてやみません。

花森弘卓の逃走経路(まとめ)

2021年8月24日 静岡駅から状況。白金高輪駅にて22歳男性に対して硫酸をぶっかける。その後、品川経由で新幹線を使用して静岡の自宅に戻る。

2021年8月25日 静岡駅から名古屋に移動。セントレア空港から沖縄に飛ぶ

2021年8月26~27日 協力者の住宅にて生活

2021年8月28日 沖縄県警に捕まる。その際には「スナガワ」と偽名を伝える。

こう考えると、24日に警視庁管轄で犯罪が行われ、2時間で花森弘卓は静岡県警管轄の自宅に移動しています。

そして、公開捜査で静岡県警も捜査にあたりますが、既に沖縄に移動している為、また沖縄県警管轄に花森弘卓は逃走しています。

今後、警察の連携も素早くしていかないとこういう計画的な犯行にはなかなかスピード解決が難しいパターンも出てくるかもしれません。

花森弘卓白金高輪硫酸事件のまとめはこちら

タイトルとURLをコピーしました