行動しなきゃ生きてけないよ!

Fukushima50(映画)のロケ地はどこ?主題歌や脚本についても調べてみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災が発生した際の福島第一原発事故で何が起きていたのか。

 

福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田(かどた)隆将(りゅうしょう)渾身のノンフィクション作品です。

「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)を原作に、日本映画史上最大級のスケールで映画化されております。

 

この記事では、Fukushima 50について、

 

  • ロケ地はどこ?
  • 主題歌は誰が歌っているの?
  • 脚本は誰が書いたの?

 

についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

Fukushima 50(映画)のロケ地はどこ?

Twitter画像

これだけのロケ地情報が出るのは初めてみました。

 

かなりの力の入れようですね。

 

おそらく、なるべく雰囲気を当時に近いものにしたいという想いがあったのではないでしょうか。

 

  • 福島県

    • 富岡町

    • 双葉町

    • 大熊町

  • 長野県

    • 諏訪市湖岸通某所:再現セット(原発屋外)

  • 東京都

    • 福生市:米軍横田基地

    • 調布市:角川大映スタジオ(再現セット)

  • 茨城県

    • 境町:

    • 古河市:

    • つくば市:(首相官邸危機管理センターのシーン)

  • 千葉県

    • 木更津市:

スポンサーリンク

Fukushima 50(映画)の主題歌は誰が歌っているの?

主題歌はどうもないみたいですね。

 

音楽は、岩代太郎さんが担当されております。

1991年、東京芸術大学音楽学部大学院修士課程を首席修了されております。

以後、TV、映画、アニメ、ゲーム、舞台など幅広いジャンルで活躍。

基本的にはサウンドトラックが存在します。

 

BGMのみでの対応の様ですね。

バイオリン:五嶋龍

7歳でパシフィック・ミュージック・フェスティバルにて、パガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番を演奏し楽壇デビュー。

幼い頃から「五嶋龍のオデッセイ」はじめ多くのメディアで取り上げられ、JR東日本のイメージボーイや「題名のない音楽会」の司会などで注目を集める。

今日その活動は世界屈指の芸術家たちとの演奏活動にとどまらず、現在の演奏家の使命である社会福祉として、『五嶋龍 “Excellence In Music”(音楽優秀賞)』 を通じて公立高校生に奨学金を授与する活動に加え、教育・国際文化交流・社会貢献活動をグローバルに展開し、現地の人々・子供たちに夢を与え続けている。

チェロ:長谷川陽子

色彩豊かな音色と音楽性を持ち合わせた、日本を代表するチェロ奏者の一人。

桐朋学園大学付属「子供のための音楽教室」で井上頼豊氏に師事。

1987年リサイタル・デビュー。翌1988年小林研一郎指揮/日本フィルとの共演で協奏曲デビュー。

桐朋学園音楽大学を経て、シベリウス・アカデミー(フィンランド)に留学。

アルト・ノラス氏に師事し、1992年首席で卒業。これまでNHK交響楽団、プラハ交響楽団等、国内外の主要オーケストラとの共演多数。

その他、日本各地でのソロ・リサイタルや無伴奏でのリサイタルに出演。

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立。

日本のオーケストラとして最古の歴史をもち、メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。

名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者ミハイル・プレトニョフ。

自主公演の他、新国立劇場他でのオペラ・バレエ演奏、NHK他における放送演奏など、高水準の演奏活動を展開。

また、海外公演も積極的に行い、国内外から高い注目を集めている。

テンプル教会少年聖歌隊

ロンドンで最も優れた合唱団の1つとして知られている「テンプル教会合唱団」は18人の少年聖歌隊と12人のプロの聖歌隊で構成されており、1841年にエドワード・ジョン・ホプキンス博士によって設立された。

テンプル教会は合唱団が設立される前から著名な音楽家達との関わりが多く、英国国教会のための楽曲がここで作曲されたり、1734年に当時教会付きのオルガニストで作曲家だったジョン・スタンレーの演奏を聴きにヘンデルが訪れたりするなどがあった。

合唱団は、現オルガニスト兼音楽監督のロジャー・セイヤーらの下、テンプル教会での聖歌隊活動に加え、演奏会活動やCDリリースでも高く評価されている。

近年では、2015年6月にマグナカルタ制定800周年記念式典にてエリザベス女王とエジンバラ公の御前でジョン・ラッター作曲の「Give the king thy judgements, O God」を演奏し、シンガポールとオーストラリアへの単独演奏旅行を成功させ、2017年9月にはルター派宗教改革500周年を記念したドイツでの演奏旅行を成功させた。

2018年クリスマスにはロイヤルアルバートホールにてジョン・ラッター自身の指揮でロイヤルフィルハーモニー管弦楽団と演奏している。

今回に限っては、変な装飾や脚色は不要ということでしょうね。

 

伝えたいのは、ありのままの事実。

 

その為には、変なBGMは不要ということでしょうね。

スポンサーリンク

Fukushima 50(映画)の脚本は誰が書いたの?

脚本は、前川洋一さんです。

前川 洋一(まえかわ よういち)さん。

1958年12月8日生まれの東京都出身。

所属事務所はマツ・カンパニーです。

そうそうたるドラマの脚本を担当なさっています。

 

これはかなり期待大ですね。

 

  • 「空飛ぶタイヤ」(09)
  • 「下町ロケット」(11)
  • 大河ドラマ「軍師官兵衛」(14)
  • 「沈まぬ太陽」(16)
  • 「孤高のメス」(19)
  • 「頭取 野崎修平」(20)
スポンサーリンク

まとめ

この記事では、Fukushima 50について、

 

  • ロケ地はどこ?
  • 主題歌は誰が歌っているの?
  • 脚本は誰が書いたの?

 

についてお伝えしました。

この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

Copyright© No action, No life. , 2020 All Rights Reserved.