行動しなきゃ生きてけないよ!

BG身辺警護人2020(2期)続編のロケ地がヤバい?撮影場所や脚本についても調べてみた

2020/03/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

グランメゾン東京で平均視聴率12.4%と高視聴率を叩き出した木村拓哉さんが主演のBG身辺警護人続編2020年4月から第2期としてスタートです。

 

前作同様今期も期待大ですが、どんなロケ地を使用しているのでしょうか。

 

そして、撮影場所はどこなのでしょうか。

 

さらに脚本についてはロケ地同様ヤバいとのことです。

 

それでは、順番にお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

BG身辺警護人2020(2期)続編のロケ地は?

今作はまだ、エキストラ募集の発表はありません。

 

しかも下記Twitterのように東京のロケに使用NGの余波があるらしく目撃情報もすくないです。

しかし、少しですがTwitter上で有力な目撃情報もちらほら上がっていますので、可能な限りお伝えしていきます。

上野駅地下通路

前作のBG身辺警護人でのロケ地撮影場所には上野駅周辺での情報はなかったと記憶しております。

 

今回新しい舞台として上野周辺が上がってきた形ですので何か上野等に縁のある演出やお話があるのでしょうか。

 

このあたりはまた本編で確認してお伝えします。

 

ただ、確かに地下通路という所で夜とかに見ると若干怖い印象もあります。

 

やはり撮影は帰宅時に誰かに襲われるとかのシーンなのでしょうか。

 

そんな怖い時でも木村拓哉さんに守って頂けたらきっと女性陣は安心ですね。

 

そして男性陣でもちょっと惚れてしまうのではないでしょうか。

新宿JECビル

前作で主人公島崎章が勤務していた日の出警備保障が入っていた場所です。

 

今作では日の出警備保障がIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され「KICKS(キックス)ガード」に変わりました。

 

経営方針も利益優先となり、島崎の望むものと相違が出てきたことから島崎自身ん、退社しております。

 

島崎が足を運ぶことはなさそうですが、前作の仲間たちはここにいるはずなので今作も登場するのではないでしょうか?

 

そして、上記の様に考えると、木村拓哉さん演じる島崎の事務所はどこになるのかとても気になります。

 

分かり次第お伝えします。

警視庁

前作ではバチバチやり合った警視庁も身辺警護という面で切っても切れない存在です。

 

警視庁と身辺警護のやりとりは当然今作でも登場は間違いないでしょう。

 

そう考えると今回もここはロケ地として出てくるかと思います。

島崎が住むマンション

他に住んでおられる方がいると思われますのでマンション名の記載は控えます。

 

一応島崎は離婚をしていることになっていますが、息子との生活は変わらずです。

 

なので、おそらくマンションも続投ではないかと思われます。

 

前作では島崎がジョギングしたりするプライベートのシーンなどでも江東区の公園が使われたりしたようです。

 

江東区近辺のロケもあると思います。

スポンサーリンク

BG身辺警護人2020(2期)の脚本は?

生年月日 1961年

出身地 兵庫県神戸市

最終学歴 立命館大学文学部

受賞歴 文化庁芸術作品賞など多数

代表作 「ギフト」
    「GOOD LUCK」
    「エンジン」
    「白い巨塔」
    「14歳の母」
    「大河ドラマ 北条時宗」
    「シャーロック」etc…

「白い巨塔」「シャーロック」「GOOD LUCK」…安定の井上由美子と言わざるを得ません。

 

木村拓哉とは「GOOD LUCK!!」でタッグを組みヒット作にのし上げた功労者でもあります。

 

平均視聴率30.6%を叩きだし、前回の『BG〜身辺警護人〜』では、初回放送がラグビーワールドカップの裏という状況でも15.7%と大健闘。

 

今回もとても期待大です。

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、BG身辺警護人2020(2期)続編のロケ地や撮影場所、脚本についてお伝えしました。

 

ロケ地はまだまだこれから情報が出てくることになります。

 

現段階では上野が新しくロケ地として出てきています。

 

脚本は安定のあの人です。

 

本編が出てきましたらどんどん情報を更新していきます。

 

本編が本当に楽しみです。

この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

Copyright© No action, No life. , 2020 All Rights Reserved.