行動しなきゃ生きてけないよ!

アライブがん専門医のカルテのキャスト相関図や脚本とロケ地はどこかについて調べてみた

2020/01/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

この記事では2020年1月スタートの新ドラマ「アライブ がん専門科医」についてお伝えしますね。

 

がんに立ち向かうべくバディを組んだ腫瘍内科医・恩田心(松下奈緒)と消化器外科医・梶山薫(木村佳乃)が痛みと秘密を抱えながらも絆を深めていく。

 

がんに特化した診療科を舞台に、がんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描くメディカルヒューマンストーリーとなっております。

 

今回はこのドラマの中でも

 ・あらすじについて

 ・キャスト相関図について

 ・ロケ地はどこ?

 ・脚本は誰?

について調べましたので、お伝えしますね。

スポンサーリンク

アライブがん専門医のカルテのキャスト相関図について

恩田 心・松下奈緒

生年月日 1985年2月8日

出生地 奈良県生駒市

出身地 兵庫県川西市

身長 174 cm

血液型 AB型

職業 女優

ジャンル テレビドラマ・映画・CM

活動期間 2004年 –

事務所 ジェイアイプロモーション

人を救う職業に就きたいという思いから医師を目指し、奨学金で医学部に進学。


医学部卒業後、最初は放射線科に進むが、画像診断でがん患者を救った経験をきっかけに、がんの専門家になりたいと思うようになり、腫瘍学を学び腫瘍内科へ転科を決める。

 

国内ではまだ数少ない“がんのスペシャリスト”。

 

元来負けず嫌いで大胆な面もあるが患者に対して自然と寄り添う事ができる医師。

 

周囲からは名前の「オンダ・ココロ」を略して“オンコロ先生”と呼ばれている。

 

また、腫瘍内科は英語でメディカル・オンコロジーと言うことから、その道のために生まれたとも揶揄(やゆ)されることも。

 

学生時代に知り合った男性・匠と結婚し、一人息子の蓮をもうける。

 

順風満帆な毎日を送っていたが、3ヵ月前に夫の匠が転倒事故に遭い、緊急手術を受けるも意識が戻らないままでいる。


昨今の状況から奨学金の返済大丈夫?と心配にもなりますが、やはり一番気になるのは、夫の匠が転倒事故で意識が戻らないってところですね。

 

この伏線はきちんと回収されるのでしょうか。

 

またどういう形で回収されるのでしょうか。

 

とても気になります。

 

松下奈緒さんは知的な役柄が多い印象ですね。

 

なんとなくおっちょこちょいな印象もあります。

 

その松下奈緒さんの雰囲気がどうドラマに加味されるのか、とても楽しみです。

梶山 薫・木村佳乃

生年月日 1976年4月10日

出生地 ロンドン
(出身地は東京都世田谷区成城)

身長 167cm

血液型 A型

職業 女優・歌手・声優

ジャンル 映画・テレビドラマ

活動期間 1996年 –

事務所 トップコート

有能な消化器外科医。

 

ある強い意志を持って医師を目指し、奨学金で国立の医学部に進学。

 

消化器外科医になって15年が経つ。

 

腕が良いと評判の医師で数々の手術をこなしてきた。

 

特に“サイレントキラー”と呼ばれるすい臓がんの手術などを有能な手技で行い“がんを切る女医”としてがんの知識にとても長けている。

 

仕事では常に冷静沈着で瞬時に正しい判断ができるものの、大胆な性格で周囲を驚かせることがある女性。

 

恋愛関係になるのは常に一筋縄ではいかない男性ばかりという一面も。

 

職場を転籍した先が心の勤める病院で、心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴し、外科治療の立場から心を支えるバディとなっていく。

 

しかし、その心に対して、絶対に言えない秘密を抱えていたのだった。


おお、こちらも奨学金。

 

まぁそこは置いておいて。

 

このある強い意志っていうのが気になりますよね。

 

また心に対して、絶対に言えない秘密とはなんでしょうか。

 

この二つが掛け合うとどう考えても心に対しての恨み、妬み、反骨心等が見え隠れします。

 

この伏線もとても気になりますね。

 

木村佳乃さんはなんとなく一癖ある役柄が多い印象です。

 

恨み、妬み、反骨心と書きましたが、それも木村佳乃さんの雰囲気を考えればこその印象だったのでしょうね。

 

どう演じられるのかとても楽しみですね。

結城涼・清原翔

本名 清原 翔

生年月日 1993年2月2日

出生地 神奈川県

身長 185cm

血液型 O型

職業 俳優・モデル

ジャンル 映画・テレビドラマ・CM

活動期間 2013年 –

事務所 スターダストプロモーション

2年目の研修医。

 

さまざまな診療科を回ったのち、研修医最後の期間を、腫瘍内科に身を置くことになる。

 

医師家系のエリートで、性格はクールかつ冷静沈着でぶっきらぼう。

 

ただ、冷徹な人間というわけではなく、実は熱い思いを奥底に抱えている不器用な人間

 

はっきりと物を言うため、誤解されることもしばしば。

 

家族全員が外科医であり、自らも外科医志望。

 

研修期間に腫瘍内科を選んだ理由は、外科医としてがん診療を見ておく必要があると思った程度で、時間の隙間を見つけては外科の勉強をしているが…。


うーん。

 

これ、どう考えても家族の反対押し切って外科医ではなく内科医、腫瘍内科医を選ぶパターンですよね。

 

清原翔さんの雰囲気からしても、ちょっと不器用感は醸し出されています。

 

きっと腫瘍内科医でたくさんの命を救うことになるのでしょうが、家族の説得はなかなか上手くなく、勘当状態からスタートになりそうです。

 

このあたり家族との関係修復とかも描かれるととても感動的になりそうな気がしました。

夏樹奈海・岡崎紗絵

愛称 さえちん

生年月日 1995年11月2日

出身地 愛知県名古屋市

血液型 B型

デビュー 2012年

ジャンル ファッション、広告、グラビア

モデル内容 一般、水着

他の活動 女優

事務所 T-TRIBE ENTERTAINMENT (ティートライブ エンターテイメント)

2年目の研修医。

 

結城と同じく、研修医最後の期間を腫瘍内科で過ごすことになる。

 

常に前向きで、努力家だが、たまに頑張りが空回りしてしまうことも。

 

あるきっかけから、小児科医を目指している。

 

唯一、小児がんだけは小児科医が診ることになるため、その時のために備えたいという理由から、研修先に腫瘍内科を選ぶ。

 

心の診療方針を間近で見て学び取ろうとするが…。


なんだこの説明の終わり方は。。。

 

これ、何か反発するかプレッシャーに押しつぶされるか、どっちかな感じがします。

 

なんでしょう。

 

こんな人間関係を描きつつ、がんの治療の話を並行してドラマにできるのでしょうか。

 

想像するだけで大変そうですよね。

 

ということはきっとこのドラマは面白いんだろうなと感じます。

佐倉莉子・小川紗良

生年月日 1996年6月8日

出生地 東京都

身長 159 cm

職業 女優・映画監督

ジャンル 映画・テレビドラマ・CM

活動期間 2014年 –

事務所 ヒラタオフィス

こういってはなんですが、この美しさがちょっとはかなさを感じさせ、幸薄い感が出ています。

 

第2話のキーパーソンですね。

 

続報を待ちましょう。

恩田匠・中村俊介

生年月日 1975年2月16日

出生地 群馬県吾妻郡

身長 185cm

血液型 A型

職業 俳優

ジャンル テレビドラマ、映画、CM

活動期間 1995年:モデルデビュー

1997年:俳優デビュー

学生時代に知り合った心と恋愛結婚の末に一人息子をもうける。

 

温和で優しい男性で職業は小説家だが、お世辞にも売れているとは言えず、それ故、家計は心が支え、匠はもっぱら家事や育児に努めている。

 

ある日、転倒事故に遭い緊急手術を受けるもいまだに意識は戻らない。

 

以来、笑顔の絶えなかった恩田家は一変して・・・。


絶対最終回一話前くらいで何か起きますやーん。

 

そしてその振りで数話前に指がぴくってなるやつですやーん。

 

この意識不明とがんがどう繋がるのか、はたまた繋がらないのか。

 

最終話まで目が離せませんね。

関河隆一・三浦翔平

生年月日 1988年6月3日

出生地 東京都

身長 181 cm

血液型 A型

職業 俳優、ファッションモデル

ジャンル 俳優

活動期間 2007年 –

事務所 バーニングプロダクション

前半はナチュラルに演じたいです。

 

その反面、物語後半に向けていろんな伏線をはっていき、謎の男の魅力を精一杯、引き出していきたいと思っています。


なんでしょうか。

 

このよくわからないけど気になる感じは。

 

このドラマのキーパーソン感が半端ないですね。

 

続報が気になります。

須藤進・田辺誠一

本名 田辺 誠一

生年月日 1969年4月3日

出生地 東京都

身長 182 cm

血液型 A型

職業 俳優

ジャンル テレビドラマ・映画

活動期間 1987年 –

配偶者 大塚寧々(2002年 – )

事務所 enchanté

薫が、心が勤める横浜みなと総合病院に転院してくる前に勤めていた関東医科大学付属病院の消化器外科副科長。

 

薫の元上司で、消化器外科医として優秀な技量を持ち、頭が切れるだけでなく、医師としての姿勢には誠実さがにじみ出ており、院内では随一の人気者。

薫が転院した後も、手術のことなどを含めて、何かと相談を受ける。


この院内では随一の人気者って触れ込み。

 

3年A組を彷彿とさせますね。

 

今回に限ってはそんなことはないのでしょうけど。

 

まさかの裏の顔が出て来たりするのでしょうか。

 

とても気になります。

光野守男・藤井隆

本名 藤井 隆

別名義 四方 海(しほう かい)
マシュー南

生年月日 1972年3月10日

出身地 大阪府豊中市

血液型 A型

身長 173cm

言語 日本語

方言 大阪弁 共通語

最終学歴 大阪市立西商業高等学校卒業

出身 吉本新喜劇プロジェクト

芸風 喜劇ほか

事務所 吉本興業

活動時期 1992年 –

他の活動 歌手、俳優、

配偶者 乙葉

心の同僚。

 

もともとは優秀な麻酔科医だったが、第5子が産まれたことをきっかけに、勤務時間がある程度決まっている腫瘍内科に転科してきた。

 

底抜けのイクメンで、妻を手伝うために定時までに仕事を終わらせて帰宅することが目標。

 

腫瘍内科医としてのキャリアは心よりも浅いが、陽気でほがらかな人柄は医師からだけでなく、患者からの信頼も厚く、腫瘍内科の慢性的な人手不足を嘆きながらも、心とともに日々、懸命に患者と向き合っている。


うわー。

 

もう適役ですね。

 

乙葉さんとも仲良くされているのでしょうか。

 

役柄とリアルがとてもリンクしてしまいます。

 

彼が出ている時はほほえましくドラマが見れそうですね。

阿久津晃・木下ほうか

本名 木下 鳳華(きのした ほうか)

生年月日 1964年1月24日

出生地 大阪府大東市

身長 173 cm

血液型 O型

職業 俳優、タレント

ジャンル 映画・テレビドラマ

活動期間 1980年代 –

事務所 株式会社カクタス

心たちが勤める腫瘍内科の部長。

 

今の病院に腫瘍内科を立ち上げた当人で、立ち上げとともに心を呼び寄せた。

 

あっけらかんとした人柄で、楽天家。

 

部下に対しては非常に寛容で、基本的に診療は心たちに任せ、心たちの成長を見守っている。

 

一方で自分の本分は、院内での腫瘍内科の地位向上のみならず、より多くの人に腫瘍内科の存在を知ってもらうこと、

 

そして“がんになれば助からない”という旧来のイメージを払拭(ふっしょく)し、最新のがん治療を広く理解してもらうことだとして、頻繁に取材を受けたり、海外のがん治療を視察したりと、常に忙しくしている。


なんでしょうか。

 

こんな良い人の役。

 

普段は一癖も二癖もあるような役が多い印象ですので、ギャップが半端ないですね。

 

でも、きっと木下さんなら演じ切られるのでしょうね。

 

楽しみです。

高坂民代・高畑淳子

本名 高畑 淳子

生年月日 1954年10月11日

出生地 香川県善通寺市

身長 163 cm

血液型 A型

職業 女優、声優、タレント

ジャンル 映画・テレビドラマ

舞台・バラエティ番組

活動期間 1976年 –

高畑淳子さん演じる高坂民代は、第一話の患者のようですね。

 

再発を告知されるという。。。

 

色々と人生をご経験なさっている高畑さんならではの役柄な気がします。

 

第1話からとても楽しみです。

恩田京太郎・北大路欣也

本名 淺井 将勝(あさい まさかつ)

生年月日 1943年2月23日

出生地 京都府京都市

身長 174 cm

血液型 A型

職業 俳優

ジャンル 映画・テレビドラマ・演劇

活動期間 1956年 –

TVドラマにおいて数々のヒット作を手がけてきたベテラン脚本家。

 

おおらかで茶目っ気のある人物。

 

心の夫である匠の父で、匠がまだ幼い頃に妻を亡くし、男手一つで匠を育ててきた。

 

そのためか、匠に家事を任せてきた心よりも、料理も裁縫も得意で、恩田家にちょくちょく顔を出しては夕食を作ったり、目に入れても痛くない孫と遊んだり、

 

匠が入院中で不在の恩田家を少しでも助けようとしている。

 

同時に、匠の今後に関しては心よりも割り切っているようなそぶりも見せる。


好々爺な北大路欣也さん。

 

ちょっと想像つきません。

 

勉強不足です。すみません。

 

やはり華麗なる一族の印象が、、、

 

恩田家の人間模様もとても気になりますね。


相関図については、こちらをご覧ください。

アライブ がん専門科医のカルテの相関図

やはり、この相関図を見ても気になるのは恩田心(松下奈緒)の夫の恩田匠(中村俊介)が意識不明の状態であること。

 

今回のドラマでは「がん」がテーマの中、がんではない状態で意識不明に陥っているのがとても気になります。

 

がんで意識不明になることってあるのでしょうかね。

 

このあたりの伏線回収もとても気になるところです。

スポンサーリンク

アライブがん専門医のカルテのあらすじについて

まずこのドラマは、「木曜劇場」にて“がん”をテーマとした全く新しい医療ドラマとなります。

 

フジテレビさんではこれまで、「木曜劇場」にて『Dr.コトー診療所』や『白い巨塔』、『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』など数々大ヒット医療ドラマを輩出されております。

 

そんなハードルの高い中、『アライブ がん専門医のカルテ』はどんなストーリーとなるのでしょうか。


今ドラマは主演・松下奈緒さん、そして木村佳乃さんが14年ぶりの共演でお届けする完全オリジナル作品となっております。

 

年間およそ100万人(厚生労働省発表2016年間の新たな診断例数:995,132人)の人々が新たに診断され、2人に1人が生涯のうちにかかると言われている“がん”。

 

誰もがなり得るこの“国民病”に立ち向かうべく、最強のタッグを組んだ内科医と外科医2人の女医さんが主役です。

 

内科の中でも腫瘍内科〈メディカル・オンコロジー〉というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く“メディカル・ヒューマン・ストーリー”。

 

また、彼らが伴走する患者たちの生き様や、2人の女医がそれぞれに痛みと秘密を抱えながらも、絆を深め合い人生を生き抜いていく姿を、繊細かつユーモラスに描いていきます。

 

薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅い診療科です。

 

しかし、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされている存在です。

 

日本のドラマでは初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当て、医療現場の新たな一面を描き、これからの時代を生きるすべての人に贈る“新たな医療ドラマ”となります。


第1話あらすじ

恩田心(松下奈緒)は横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医。

 

様々な症状のがん患者と日々向き合い、忙しい毎日。


この日、心は、担当患者・高坂民代(高畑淳子)に再発の告知をしていた。

 

民代にとっては幾度目かの経験で、軽口を叩き去っていく。

 

一息つく間もなく、次は、化学療法室から緊急の連絡。

 

初日の研修医・結城涼(清原翔)と共に駆けつけると、初来院の男性患者が倒れていた。

 

心たちが適切な処置を施し落ち着きを取り戻すが、紹介状に添えられたカルテを見て、心は違和感を感じる。

 

担当医である消化器外科部長の美川に生検を進言しようとするが、「勝手に人の患者を診るな」と言われてしまう。

 

仕事を切り上げ、向かったのは別の病院。3ヶ月前に事故に遭い意識不明となっている夫を見舞うためだ。

 

少しの滞在の後、すぐに息子の蓮を迎えに行き帰宅すると、義父・京太郎(北大路欣也)が出迎える。

 

来ることは聞いていない。

 

世話を焼いてくれるのはいいが、気を使う相手。

 

公私共に息つく暇がない…これが、最近の心の日常だった。

 

数日後、先の男性患者に検査をオーダーしようとすると、すでに受けていることがわかり、結果を見ると予想は的中。

 

カンファで美川に確認しようとするも「勝手に検査をするな」と言われる。

 

身に覚えがない心が反論しようとすると、自分が検査をしたと名乗り出る医師の姿が…。

 

見慣れない彼女は、別の病院から転籍して来た消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)だった。


果たして、内科医と外科医、立場の違う2人の医師のタッグが始動する。

 

と、同時に、心の人生を一変させる、運命の歯車が少しずつ動き出そうとしていた…。


スポンサーリンク

アライブがん専門医のカルテのロケ地はどこ?

びっくりするくらいにロケ地情報が出てきません。

 

スタジオ内やどこかの病院内でひっそりとされているのでしょうか。

 

いろいろと目撃情報が出てきても良い気がするのですが。。。

 

よく使われる相澤病院は、病院の治しかたで使われているので恐らくつかわれないでしょうし。

 

また続報が出てきましたらお伝えします。

スポンサーリンク

アライブがん専門医のカルテの脚本は誰?

アライブがん専門科医のカルテの脚本は、倉光泰子さんです。

 

テレビドラマでは、竹内結子さん主演の「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」で脚本を担当されていましたね。

 

こちらもなかなか楽しかったですし、今作品もきっといい感じに仕上げて頂けたことでしょう。

 

放送が待ち遠しいです。

スポンサーリンク

まとめ

 

この記事では2020年1月スタートの新ドラマ「アライブ がん専門科医」について以下の内容をお伝えしました。

 ・あらすじについて

 ・キャスト相関図について

 ・ロケ地はどこ?

 ・脚本は誰?

 

始まるまで、とても楽しみですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
失敗を繰り返しながらも常に行動して前に進み続けるソフトウェアエンジニア IT関係で仕事をするも体調を崩して鬱を発症。 現在は、独立してフリーランスとしてIT関係で仕事をしています。 自分のやりたいこと、やりたい仕事でお金がもらえればどれだけ働き続けても苦にならないことが分かってきました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© No action, No life. , 2020 All Rights Reserved.